スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華そば 伊藤(東京都北区豊島)

前回行ったときは定休日ということを忘れて、王子駅から走って行って振られるという情けないことをしました。今回はちゃんと忘れず確認していきましたので当たり前のように営業していました。店の外には煮干しの良い香りが漂っています。
伊藤店

一見すると、ラーメン屋には全く見えませんね。暖簾が店の中にありますからね。

肉そば

空き席があったので、すぐに着席できました。ウエイトレスの女性は外国の方で、注文をとるときに間違えそうになっています。僕は「肉そば」を注文。
肉そばにしたから豪華に見えなくもないですが、基本は葱のみ。スープは極めて少なく、麺はこんもりと盛られ、盛り上がった部分は、麺同士がくっつきやすくなっています。
とりあえず、まずはスープから一口飲むと、これだけで昇天しそうになりました。
青口と白口、2種類の煮干しを使用し、節類、昆布、鶏などで採られたスープは、煮干しの存在感が非常に強く、特有のエグみが支配しないギリギリのラインまで搾られたともいえるほどに濃厚な煮干しの味わいが口の中を満たしてくれます。煮干しだけでなく、鶏からであろう優しい甘味とコク、醤油の旨味と仄かな風味、じわじわと飲み終えた口の中に昆布の余韻が感じられ、力任せに作られたものではない、細やかな仕事が窺えます。
麺も自家製。低加水の細目ストレートの色白な麺は、硬めの茹で上がりでしたが、食感に特徴があり、表面にはしっかりと張りがあり、ぐっと力をいれると、パツンとはじけるような歯切れが心地よく、新鮮な粉の風味や甘味をダイレクトに感じることのできる、熟成させない打ちたてのものを使用されているようです。食感の持続力もなかなかよく、最後まで一気に食べさせる力をもっており、スープとの相性もとてもよかったです。
肉も赤身はシットリ、脂身は余計な脂肪分を取り除かれくどさはなく甘味があり、味付けは控え目で、肉本来の味を大切にした作りで、麺とスープのレベルの高さはもちろん、肉にも抜かりがありません。
麺を食べ終えると、スープはほとんどないに等しく、つゆ増しにしなかったことを少々後悔。
このスープ、冷めてもエグみがほとんど出てきません。伊藤の煮干しは十分に濃いですが、今現在はさらに濃い店がどんどんと出てきています。が、この煮干し感の出し方は、いまだに唯一無二の存在といえるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。