スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釜炊き豚骨ラーメン きら星 満天(東京都中野区中野)

釜炊きラーメン

アップ

唐揚げ

去年の12月にオープンした「きら星」の2号店になるこのお店。本店には無い、羽釜を導入し、強火力と合わせて、羽釜の熱伝導の良さが、骨の炊く時間を短縮して、それでいて濃厚さは充分というスープを作り上げているようです。

当日は15時頃に伺ったのですが、客はおらず、すんなりと入店できました。場所が駅前ではあるのですが、細い道を入ってすぐのところなので少し迷いそうでした。

券売機で「釜炊き豚骨ラーメン」「唐揚げ」を購入して席に着くと、目の前には大きな羽釜が2機と寸胴2本が確認できます。

まずは唐揚げが届きました。これがけっこう大きい。二口三口では食べられないボリュームで、甘辛いタレにくぐらせてあり、ニンニクの風味とカラッと揚がったカリカリの食感とジューシーな肉汁が嬉しいものでした。僕の時だけかもしれませんが、ある程度揚げたものをストックしてあり、二度揚げして提供していました。

肝心のラーメンはというと、茶濁して、かなり濃厚なスープ。豚の臭いもある程度残っており、存在感は充分。粘度もさることながら、旨味もしっかりと引き出されているし、かつスムースな飲み口でくどさは感じませんでした。ただ、想像していたものよりややライトだったかなというのが本音でもあります。

無鉄砲のとんこつには近いとは思いませんが、あえて比較するなら、がむしゃらのスープの口当たりに近いものがあったかな。ただタレは強めで中盤は塩辛さが少々気にはなりましたが、ご飯とセットで食べれば丁度良いのかもしれません。

自家製の麺は本店のものと太さは近いものがありますが(ほぼ同じ?)加水率がやや低いのか、粉の密度を感じるもので、硬めの噛み砕くような食感のあるもの。手もみで生まれたものなのか、ランダムに縮れていて、啜り上げるときに跳ね回るような感覚が面白かったです。スープとの相性も悪くなく、どちらも主張の強さがありながら喧嘩をすることなくバランスはとられています。

生キャベツの上にかけられている煮干し餡は結構な煮干しの存在感があって、スープに変化を与えてくれる良いアイテム。全体に混ぜてしまうと効果が薄れてしまうので、局所的に使えば、強烈な煮干し豚骨の味わいを楽しむことができると思います。スライサーで切り出したチャーシューも薄めながら、デフォでこれだけ乗ってくるのでとても食べ応えがあります。

セットで頼めばお得。また、ラーメン+唐揚げ3個+ご飯食べ放題のセットもあります。唐揚げ3個はなかなかすごいです。本格的というより独自性のあるラーメンを食べることができ、かつお腹一杯の幸せに浸れるいいお店だと思います。好みとしては、もっとスープをやりまくっても面白いなあとも思いますが。星野さんも面白い人で、色々と楽しい話をしてくださいました。また機会があれば伺ってみたいです。ごちそうさま。
スポンサーサイト

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。