スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つけ麺専門店 中村屋(名古屋市熱田区)

「海老つけめん 2玉」
えびつけ麺

つけ汁

アップ

久々に伺ってみました。

油そばも気にはなったのですが、今回は海老つけめんを食べてみたかったので、油そばはまた次回ということで。

夜の部の閉店間際に伺ったのですが、満席で待ちもあって、なかなかの人気ぶり。

大きな釜でしっかりと麺を茹で上げていて好印象ですが、一つ気になったのは、スタッフが髪を出して仕事をしていることかな。バンダナでも何かしておけばいいかと思います。おせっかいかもしれませんが、髪が商品に入ったら大変です。

届けられた一杯は、2玉ということもあって、なかなかボリュームもあるし、つけ汁は具と一緒に小鍋で温めてから提供されるので熱々。表面には熱されることで出てくる脂泡がマスキングしており、ビジュアルはとても濃厚そうに見えます。

麺は前回より締めが甘く、ヌメリが完全に落ちていなかったため、風味、食感ともにいまひとつではありましたが、この麺の長さは賛否両論あるとおもいますが、僕的には面白みがあっていいです。つけ汁も濃厚過ぎなくても絡んできますしね。

つけ汁は鶏白湯ベースで、野菜や魚介も合わせて仕上げているとのことだけど、豚骨は極少量も使っていないのかな。粘度は強いわけでなく優しさを感じる程度ではありますが、濃度はしっかりと出ています。ただ、鶏や魚介の素材感があまり主張しておらず、出汁オンリーでみると少々ぼやけたような印象でした。ただ、海老つけめんということもあって、甘エビの殻の香ばしさや、ミソの独特な風味とコクが強く出ており、インパクトは充分ではありました。ですが、海老を使った一杯ということで、やはり甲殻類の生臭みを伴った独特なクセが出てしまっていて、更にアミエビが追いうちをかけてきます。好みもあるので一概には言えませんが、僕はこの海老の出し方は好みではありませんでした。

といっても、やっぱりこの店はボリューム満点。つけ汁の中には沢山のチャーシューとメンマが沈んでおり、基本のつけめんの場合はメンマは太目でチャーシューはバラ肉、海老つけめんの場合は薄切りのメンマ、肩ロースと使い分けをしているのも興味深いものがあります。食べ応えもあるし、麺の量もあってお腹一杯になります。

スープ割りは基本のつけめんの方が和出汁の風味を楽しむことが出来ると思います。海老つけめんのほうはやっぱり海老が前に来ていました。飯割りの方がよいのかも。人それぞれですね。

今度は限定も気にはなるけど、とりあえず油そばを食べてみよう。大垣のものとは違うのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。