スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺武 虎龍(東京都新宿区歌舞伎町)

「味噌らーめん」
味噌ラーメン

アップ

日帰りの遠征の最後の7杯目となった、新宿歌舞伎町にある「純すみ系」の味噌らーめんの新店です。新店といっても、以前「葵賀佐」という店の店長をされていた方のプロデュースしたお店で、実力はすでに備えているようです。また、場所が場所なだけに、営業時間も11時~翌5時までと非常に長く、非常に使い勝手のよい店となっています。まあ、色々な人が沢山いて疲れはしますけどね。

当日は30人程の待ち。諦めようかと思いましたが、とりあえず並ぶことに。先に食券を購入して待つのですが、2000円のらーめんがありました。頼む人いるのかな。僕は普通に味噌らーめんの食券を購入。

表面は分厚いラードに覆われていて、全く湯気が立っていません。レンゲを差し込めば、勢い良く吹き出してくる湯気とともに、香ばしさのある味噌の香りと、ニンニク、ショウガなどのパンチのある香りが立ち上ってきます。

中華鍋でミンチ、タマネギ、モヤシなどをラードで炒め、味噌と出汁を合わせて仕上げられたスープは、塩分、甘味ともに濃い目でしっかりとした味わい。味噌の主張も強く出ていますが、ラードや、炒められたミンチからもコクが染み出して、油脂の効果で緩やかなトロミもあって口当たりはまろやかさも感じます。

そこに合わせる麺は、小林製麺のものを使用していて、黄色がかった麺肌、強く縮れているのが特徴的。表面はツルッとしていますが、スープの拾いも悪くなく、中太?中細ほどでありながら、ギュッと締まっていて、歯で噛み砕くようなしっかりとした食感。この強さがあるから、熱いスープの中でもなかなか伸びないんだろうな。最後までしっかり食感を維持していました。

途中でチャーシューの上に乗っているショウガをスープに溶けば、僅かではありますが味が引き締まって最初よりパンチが出てきました。劇的な変化をつけるなら、もっと多目にいるのかも。

チャーシューは2種類。ノーマルのほうは香ばしくてジューシーで旨いし、サイコロ状のものも時々つまめるのが嬉しいものです。またミンチもかなりの量が使われているので、肉肉しさに溢れています。そこにネギの清涼感がとても効果的でした。

味の組み立てに関しては堅実で間違いの無いものと感じて、特に驚くこともなく面白みに欠けるものではありましたが、しっかりと旨い一杯。お腹が空いてるとき、寒いときはこんな味噌らーめんもいいかもしれませんね。

ラードの量も調節できます。
スポンサーサイト

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。