スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラァメン家 69’N’ROLL ONE(神奈川県相模原市上鶴間本町)

1日目 2~4杯目

「3号ラァメン」
3号

「2号ラァメン]
2号

「牛と魚介の温つけめん ダブルインパクト」
温つけめん

デジカメを忘れてしまい、携帯での撮影ですのでかなり画質が悪くなります。午前5時に「杉田家」でラーメンを食べるときに気がつきました。残念ながら杉田家の画像はありません。

とりあえず、1日に食べたものをアップしていきます。

2号は相変わらずの深い醤油感と鶏の旨味。じわじわ攻めてくる味わいがたまりません。鶏油のクセのない上質な風味と柔らかい甘みもすばらしいものです。多めに鶏油が入っていても全くオイリーにならないところが、この店の特徴でもあると思います。柔らかめの麺も、心地よく唇を滑って、口の中にはスープの旨味も十分に広がって、強い一体感を感じさせます。

3号は鯵干しをメインに使うようになって、香り、旨味に強いインパクトを与えられていました。丼が届けられた瞬間に香り立つ鶏と鯵干しの香り。以前より味わいがハッキリしたかなという印象で、強い旨味と香りに支えられた力強い一杯となっていました。鶏胸肉を使用するチャーシューも抜群に旨いです。しっとり、もっちりとした食感と、かみ締めたときに染み出る肉の旨味がすばらしいです。七味の香りもかなり特徴的で、かつ、支配的ではない絶妙な加減で、次第に変わり行く味わいに飽きることなく、一気に飲み干してしまいました。

裏メニューは牛骨の強いコクがありながら、むだに乳化させておらず、しっかりと効かされた魚介出汁とあいまって、すっきりとしつつも、飲み込んだあとも深く余韻が残る味わいがうれしいもので、これを麺、つけ汁の器に注ぎ、麺の方は控えめに塩ダレでまとめて酢橘の爽やかな風味を添えて、つけ汁は濃い目の醤油ダレで仕上げてあり、最初は麺の器の方のみで、まろやかな出汁感と、それを吸い込んだ麺を味わい、途中からつけめんのようにつけていただけば、醤油感がとても強いのですが、奥に感じる牛骨のどっしりとしたコクと魚介の旨味と風味が混ざり合い、味は強いのですが、また一口また一口と箸を進めてくれるインパクトが生み出されます。油脂や濃度でインパクトを作り上げるのでなく、素材が混ざり合ったときに生み出される強い相乗効果によって作り上げられる仕上がりはとても新鮮なものがありました。

最後に麺の器の汁をつけ汁の器に注いでスープ割りをすれば至福のひとときであります。

食べ過ぎてしまいましたが、それが後悔にならないほどに満足感に浸り、はにかんだ笑顔で送ってくれる店主に挨拶をし、店をあとにしました。満足満足。
スポンサーサイト

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。