スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らーめん 奏(愛知県名古屋市新栄)

さてさて、地元名古屋に帰ってきました。やっぱり連食は怖いですね。帰ってきたら、体重が3kgくらい増えてました…。しかも胃が大きくなったのか食べれる量がまた増えてしまいました。またダイエットを始めなければいけないです。しかし、今回の記事はメニュー名「がっつりらーめん」です。
ダイエットとは全く無関係に思える名称。やっぱり僕はダイエットが苦手なのかもしれません。というか、ラーメン食べないとストレス溜まりますしね。
日曜日の夜にお伺いすると、店内は落ち着いており、ゆっくり食べることができそうです。食べるものは決めていたので、もちろん「がっつりらーめん」を注文。店主と話をしながら時間をすごす。
そして提供されたのがこれ。

がっつり

湯通し5秒弱のほぼ生に近いモヤシとキャベツがたっぷりと盛られており、デフォのらーめんよりも分厚く切られたチャーシューが一枚乗っています。麺量は300gですが思いのほか落ち着いた量にも見えなくもありません。

アップ

これが麺の形状です。ここはつけめん用に自家製麺を提供されており、まるできしめんのような見た目ではありますが、小麦の密度が濃く、歯を押し返すほどにしっかりとした噛み心地と、粉の風味を楽しむことが出来る、なかなかに面白い麺で、今回はそれをこのメニューにも使用されています。

温麺になると、強靭な食感は幾分か落ち着きますが、締めていない分、スープの味の染み込みと絡みが良く、麺臭もほとんどしないので、温麺でもその個性を発揮するようです。
スープのベースは牛骨で、前回までに牛骨の独特な乳臭いような風味が気になる客がちらほらといたようで、今回からは、あわせて豚骨も使用することにしたそうです。臭いはさほど気にはなりませんでしたが、ベースのコクは十分で、そこに野菜のポタージュを足して甘味と粘度をプラスさせ、甘味と醤油感が強めなタレで纏め上げたスープは、粘度こそ控え目ではありましたが、牛の風味と相まって、甘辛な仕立てとなっており、焼肉や、すき焼きを食べているかのような印象が頭をよぎりました。
店主は「焼肉を食べているような味作りをしたかった」とのこと。この一杯は、油脂の濃度が控え目で、もしもタレが醤油ばかりたってしまっては、ビターすぎる味わいとなって飽きがきやすくなってしまいますが、タレにフルーツの甘味を足すことによって、甘味も確保し、後に残らないさっぱり感もよいものにされています。
少々モヤシの風味に気になるところがあったけれど、シャッキリ感もよく、味濃い目のスープとよく合っていました。
なんだかんだで、やはり麺の存在感が前に出ていますね。これだけ自己主張の強い麺を合わせるスープを考えるのはなかなか大変だったのではないかな。
まだわからないが、他のらーめんも全て自家製麺にチェンジしようとも考えておられる様子。楽しむことを前提としたチャレンジ精神を持った店主が今度はどんなネタを出してくるのかが楽しみでもあります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。