スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らぁめん 翠蓮(愛知県名古屋市昭和区花見通)

「担々麺+チャーシュー」
たんたんめん

アップ

久しぶりの翠蓮。相変わらずの行列で回転もあまり良くないため、結構な時間を待ちました。

ほとんどの客が焼き干しを注文しているなか、久しぶりに食べたかった担々麺をチャーシュートッピングで注文しました。

これだけ複雑に折り重なっている一杯は言葉ではなかなか表現できませんね。香草の香りやら、自家製芝麻醤のコクやら、スープに使われている数多くの素材の旨味やら風味やら、口に含むと考え込んでしまうほど難解な味わいです。ただ、それが一つにまとまっているかと言えばそうでもなく、一つ一つの素材が喧嘩をしつつ高めあっているような感覚でした。

肉味噌も一工夫あって、水で戻して出汁をとったあとの干し海老や貝柱も多く入っていたり、カシューナッツや松の実がローストされていたりと、シットリと仕上がった肉の食感と合わせて楽しさもあるし、これをスープに溶いていけば、さらりとしたスープに粘度と肉の旨味や味わいがプラスされて、更に複雑かつ、しっかりとした味わいに変化していくのも面白いものです。また、一口一口が違う顔を見せられるので、探りながら食べてしまいます。

麺はシコシコとした食感がよいですが、この味わいの中では存在感を主張できず、あまり印象にのこらないもので、やや嫌な風味が感じられるのは残念かな。スープを食べるための麺と思えば悪くはありませんけどね。

途中で豆苗を口にすればしゃきしゃきした歯応えと独特な風味と仄かな甘味が広がって、濃い味わいの中で箸休めにもなります。追加したチャーシューは、しっかりした食感で、硬いわけではないです。赤腐乳の風味はほとんど感じられませんでしたが、控え目の味付けで肉肉しい仕上がり。小さめではありますが、なかなか食べ応えのあるものでした。

目に見える素材だけを数えてもかなりの数があるのに、スープにも相当な種類の素材を使っていて、相当な原価率の高さが感じられる一杯。

いつも気になっているのが湯切り。茹で湯が結構残っているような気がします。

なにはともあれ、久しぶりに食べれて良かった。今度はまたまた久しぶりな焼き干しを。
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。