スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日の出らーめん 四日市分店(三重県四日市市諏訪栄町)

「剛つけ麺 200g」
剛つけ麺

麺

つけ汁

いやはや、多忙でなかなか更新ができませんでした。

この日は四日市で鉢ノ葦葉に行った後に伺いました。

横浜の桜木町にある日の出らーめんの分店とのことですが、メニュー構成は微妙に違っていますし、いつかは出るかもしれませんが、剛満つけ麺やその上のブリックス30(実際は28くらいらしい)もありませんので、とりあえず剛つけ麺を200gで注文しました。300gまでは無料で増量でき、ランチ時にはライスも無料で、お腹一杯になりたいときによさそうです。

極太の麺は、福島にある富多屋製麺から取り寄せているもので、「プロ用」と書かれたダンボール箱が確認できます。

つやつやとした麺肌が良いですが、やや硬めの茹で上がりで、噛み砕くような食感で、茹で時間が足りなかったのかな。もう少し長めに茹で上げてモッチリ感を出して欲しかったかなとは思いました。

つけ汁は濃厚豚骨魚介というジャンルに入りそうではありますが、仕立てが随分と個性的。甘辛酸の三味を基本としたつけ汁とは違い、タレの味、それを絡みやすくする粘度、この二つで食べさせるタイプのもので、極太麺にしっかりと絡ませて食べれば充分に味がのってきます。ただ、濃度、粘度のバランスはあまり良いとはいえないような気もしましたし、モミジのトロミや豚足のトロミとは明らかに違うものを感じました。僕だけかもしれませんが。水分に反応して粘度が生まれているような感があって、ヌルヌルとした舌触りがあまり好みではありませんでした。ただ、煮干しのエグミを感じるような魚介感は強めに感じられて、ハッキリとした味わいがしっかりと食べさせてくれました。

角切りにされたチャーシュー、キャベツ、俵型の白ネギがトッピングされていて、賛否両論あるかもしれませんが、これはオリジナリティがあって良かったと僕は思います。

スープ割りはポットに入っていて、やや白濁した見た目で、サラリとした濃度と旨味は弱めの動物系出汁。つけ汁に注げば濃度、粘度が薄まり、飲みやすくなるかと思えば、粘度はほとんど変わらず、それが気になって何度も注ぎましたが同じでした。タレ感は薄まるので飲みやすくはなりました。また、酢がよく合いました。

千種にも出店され、拡大できるかどうかは、そのそばにある店に勝てるかどうかも鍵となるかもしれません。

魅力的なメニューが開発されたらまた行ってみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。