スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にぼぶら 鏡花(東京都立川市錦町)

「一期一会」
一期一会

アップ

麺

2月いっぱいの限定で、立川にある「たま館」で提供されました。

基本のメニューである「にぼぶら」と比較するのはおかしいかもしれませんが、丁寧に引き出された煮干の旨味が印象的でした。エグミは一切出さず、旨味だけを最大限引き出し、各厳選素材の旨味を折り重ねた至福の一杯。

背脂も質が良く、口に含めば甘い風味が広がります。煮干しの僅かなエグミは背脂がマスキングし、これだけの油脂が浮いているにも関わらず、くどさは皆無。スッキリとした印象すら感じられる、とても上品な味わいで、レンゲを何度もすすめられてしまいました。醤油は白醤油を使っているのかはわかりませんが、淡い色と、あまり主張をしない風味が、更にスープの持ち味を活かしているようでもありました。

麺は「さぬきの夢2000」100%で打たれたもの。うどん粉ということもあって、かなりの透明感があり、なめらかな麺肌と、硬さを一切感じさせないモチモチとした食感が心地よく、しっかりと中心部まで茹で上げられているため、しなやかな麺線も優れています。スープを吸うようなものではないのですが、適度に持ち上げてくるため物足りなさは感じません。噛めば粉の甘味と香りを仄かに感じられ、すすり上げればスムースな喉越しが楽しめるものとなっていました。

トッピングのチャーシューはロゼワインのような鮮やかな色を残し、しっとりとして柔らかいながら、肉の噛み応えも程よく残した一品。荒く大きめの軟骨が入った鶏つくねも食感良く、鶏の風味溢れるものでした。茗荷もありますが、いつの間にかなくなっていました。スープに沈んでしまったのかな。残念。

食べ進み、後はスープのみ。煮干しのエグミは一向に姿を現さない。それなのに、旨味はしっかりと濃く、それでいて最後まで旨い。どんな採り方をすればこんな味わいになるのだろうと考えながら頂きました。

原価も相当かかっていると聞きますが、それも納得できる本当に旨い一杯でした。


スポンサーサイト

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。