スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんつッ亭(神奈川県秦野市松原町)

「らーめん」
ラーメン

アップ

麺

さて、遠征最後の一杯となったお店はここ「なんつッ亭」です。有名なので愛知の人でも知っているでしょう。最近ではテレビにも出てましたし、カップラーメンが2種類新発売になっています。

人吉にある「好来」で習得したマー油を使用した熊本とんこつを引っさげて秦野に店を出した当初はとても閑散としていたとのことですが、今では全国的に知られる有名ラーメン店となっていますね。

今回は恥ずかしながら初訪でしたので、基本のラーメンを茹で時間も普通で頂きました。

きれいに白濁したとんこつスープの上には、多いことは無いけれど真っ黒なマー油がかけられています。マー油からといきたいところですが、まずはスープから頂くと、クリーミーかつ、くどさや豚の臭いは控え目で後口は程よく重量感がありながらスムースさも感じられ、上品さを感じるほどに丁寧に作られているであろう仕上がり。そこにかけられたマー油は一口目は僅かな苦味を感じてしまったが、すぐに感じなくなり、香ばしいニンニクの香りと強いコクと旨味をスープに与えて、一口一口にパンチのある味わいで、現在はおとなしくなったとか、あまり良い評判を聞かなかったのですが、実際に食べてみて迷いは晴れました。旨いですよ。

昔の味わいだけでは勝負できないわけです。逆に、味を落としてきているわけではなく、誰もがとても美味しく食べられるように変化させてきたということなんだと僕は思います。マニアにうければ旨くて人気が出るわけでもないし、これもある意味、進化ということになるのかもしれません。

麺も自家製。基本でも硬めの茹で上がりで、サックリと噛み切れる食感の良さがいいですし、臭いもさほど気になりません。スープとの絡みはそれほど良いものではないかもしれないですが。張り紙に書いてあるように、マー油を絡めて食べればもちろん旨かったです。

トッピングのチャーシューは肉肉しさがある仕上がり。モヤシは水っぽさやひげ根の臭いは少々に気にはなりましたが、シャキシャキとした食感は良い箸休めとなりますね。

麺を食べ終えたあと、スープを少し冷ましてみると、表面に油脂やゼラチンの混ざり合った膜が見え始め、そのあたりからスープを飲んでみると、最初とは全く違う感覚で、マッタリと舌に絡みつくような濃度感、濃い甘味を楽しむことができ、冷めてきてもとても旨いバランスのとれた一杯に満足しました。

なんつッ亭は味噌らーめん専門店も出店し、勢いはとまらず全身を続けています。味は変わっていくものだけど、秦野でみた一杯とスタッフの活き活きとした働きぶりは、変わらない真剣さをヒシヒシと感じさせてくれました。

僕は過去の味を知らないけれど、今の味に出会えただけでも嬉しかったと素直に思います。
スポンサーサイト

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。