スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン 大(名古屋市中区錦)

「ラーメン豚ダブル 野菜マシマシ ニンニクマシマシ アブラ カラメ」
豚ダブル

別アングル

肉

麺

愛知に「二郎風」でない「二郎系」がやってきました。

新規オープン恒例の1杯100円はやらなかったようでしたが、僕が行ったのは最近なので全く関係ありませんし、基本高くないので問題ないです。

券売機でラーメン豚ダブルの食券を買い、店員さんに渡すとトッピングを聞かれます。

「ヤサイマシマシ ニンニクマシマシ アブラ カラメで」と伝える。名古屋でこうやって呪文が唱えられるのはなにか新鮮味があります。通るか心配でしたが、しっかりと通っていたようで安心しました。

届けられた一杯は思いのほか少なめ。ヤサイはマシくらいのボリュームで、もっと多くてもいいかな。

まずは背脂が層を作っているスープから飲んでみると、タレの効きは柔らかめ。カドがあまり立っていないので、飲みやすさすらあります。スープの出汁感は、骨は少々使っているようですが、チャーシューの肉の旨味も程よく溶け込んでいて、そこに多めのグル系の化調感と背脂の独特な風味と優しい甘味が合わさって、まろやか、かつスッキリとした味わいとなっています。ニンニクを混ぜれば合わないわけがないですよね。ただ、カラメでもパンチという観点では控え目で落ち着いているので、カラカラで通してみるのも良いかもしれません。ここは好みの問題かもしれませんけどね。

麺は、灰分の多い、オーションがメインと思われる極太のもの。良い風味があるわけでもないし、ゴワゴワとした食感とコシも無いですが逆に僕は嬉しく、やや硬めに茹で上げられ、噛み砕くような感覚もあれば、粉のムチムチとした密度感も味わえ、雑味があってバランスがとれているような感覚すらあります。ただ、スープの味わいや背脂がしっかりと絡んでくる割には、口に広がる味にはやや物足りなさはありますが、ワシワシと口に運んで食べ漁るような感覚はやはり楽しいものがあります。味よりも食べていることの喜びと言えばいいのでしょうか。

ヤサイはシャキシャキと言っていい茹で加減。僕はクタクタが好みではありますが、シャキシャキも悪くないですね。タレ感が弱いので、ヤサイを多くしすぎると、ライトな印象が更に強くなるかもしれませんね。

肉は小さめのものが5~6個だったかな。腕肉で、ホロホロの仕上がりで食べやすいものでした。肉の臭いは残っていましたが、特に気にはなりませんでした。

全体的に考えると、非常に食べやすさのある一杯でした。麺は200g程度でヤサイも控え目。食べ終わったときの「征服感」は少し足りないような印象で、今度行くときには大豚ダブルのヤサイマシマシにしてガッツリいきたいなというのが正直なところでしょうか。

でも、愛知でこういった味が楽しめるようになったということはとても嬉しかったです。
スポンサーサイト

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。