スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神保町 可以(東京都千代田区神田神保町)

「味噌らあめん」
味噌

アップ

麺アップ

高田馬場にある「渡なべ」で有名な、渡辺樹庵氏の手がけた新ブランドのお店で、3月にオープンしました。

東京の味噌らーめんは土地的なものなのか、塩分が際立つことなく、甘味が主張するタイプが多いと勝手に思っていますが、この店は、八丁味噌をビシッと効かせた味わいを提供されています。

お店の中は、大人の雰囲気で、とても居心地がよいです。また、完全オープンキッチンで、全ての工程が確認できるのも、エンターテインメント的にも、色々知りたい方にも嬉しいものです。

さて、届けられた一杯は、底が深い上品な白の器に美しく飾られ、一般的な味噌ラーメンのイメージと随分と異なっているように思います。

スープを口に含むと、豚、鶏などのトロミを伴った濃度感がしっかりと感じられ、それだけではヘビーになるところに、数種の煮干しの出汁を効かせて食べやすくもあり、香ばしくもあり、魚感のある僅かなクセがアクセントとなっており、下地のスープにも力を入れていることが強く感じられます。そこに八丁味噌や仙台の味噌などを使ったという味噌ダレが加わって、動物系のコクに併せて、八丁味噌の強いコクと旨味、そして独特な麹感のある風味が混ざり合って、非常に厚みのある味わいとなっていました。また、煮干しなどの風味に合わないはずもなく、かつ、素材の良さをどちらも消すことなく適度に主張させたバランスの良さは流石といったところでしょうか。

表面には大きめの背脂が浮かされており、これが独特な舌触りとくどさの全く感じない上品な甘味が口に広がって、さらにまろやかな印象が強くなりました。香味油からは花椒の香味が鼻に抜けて、味噌との抜群の相性を感じ取ることができると思います。途中から、そぼろ肉をスープに溶かせば、忍ばせてあった生姜の爽やかな香味が混ざって、味の変化も楽しめます。そのときに煮干しの存在は柔らかくなりますが、生姜風味も面白いものがありました。

麺は、通常の形状のものを押しつぶしたようなもので、かなり独特なもの。加水は高めで、プルンとした舌触りが面白くもあり、中心部は膨らみがあるので、噛むことで粉の密度感ある食感を楽しむことができます。もちろん、スープもしっかりと絡んできます。こういった形状もなかなか面白いですね。手打ちのような印象もあり、ランダムな形状のため、食感の違いから生まれる味わいも楽しむこともできますし。

チャーシューは焼き豚。甘辛いタレを絡めて香ばしく焼かれた豚バラ肉は、サックリとした食感とあふれ出す肉汁がたまらないものでした。おつまみにしたいです。

塩分が強い、味が濃いという評判がちらほらとありますが、僕はこれくらいはっきりとした味わいのほうが好みでした。それに、周りと同じようなものを作らず、しっかりと個性を発揮してきたところに良さを感じますね。
スポンサーサイト

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。