スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺家 喜多楽(愛知県名古屋市中区橘)

「鶏そば」
鶏そば

アップ

麺

「デュアル」2店目はこのお店。ここだけは他の太麺とは仕様が違い、細麺となっています。

節を使わず、鶏と貝類、甲殻類、昆布などのWスープで仕上げられた一杯。

やや濁りのあるスープを一口飲んでみると、キリリと効かされたカエシのシャープな塩分を感じますが、その後にクセのない鶏の甘味ある柔らかな味わいが舌に乗り、じわじわと攻めてくる和出汁のハッキリとした旨味が深い余韻を作り出しています。自然な塩分を持つ素材が多く使われているので、そこからの塩分や旨味に物足りなさがなく、すっきりとしていながらコク深い鶏出汁との調和でうまくバランスをとられて、出汁感においては濃厚といえる仕上がりとなっています。

そこに合わせる麺は、白神でもそうですが、鰹の魚粉を練りこんだ麺帯と傾奇者を使用した麺帯を張り合わせて切り出した2層麺となっています。

細さも違いますが、魚粉の含有量はやや控えめになっており、鰹の風味は強く主張することはなく、仄かに感じられる程度。魚粉を練りこんだ側は、モサッとした食感で、コシや弾力に欠けており、蕎麦のような印象。逆に、傾奇者使用の方は食感が強く、あまりに違いすぎる二つの食感に違和感が強く残ってしまいました。魚粉の印象は弱いながらも、粉の風味を隠してしまっていて、小麦粉の甘い風味はほとんど感じられなかったのも残念ではありました。

中盤より、しっとりと仕上げられた鶏のそぼろがスープになじんで、しだいに鶏の印象が浮き出し、まろやかさ、甘味、コクといった部分が更に持ち上がってきます。強めに感じた塩分も丸みを帯び、次第に変化していく味わいは、食べ手を飽きさせません。

鶏のもも肉を使用したチャーシューはしっとりと柔らかく、鶏の臭みも全くない上品な仕上がりでスープの味わいを邪魔しませんでした。

妥協せず真剣に作り上げたスープは秀逸。ですが、やはり麺の存在が微妙。

通常、支那そばで使用している麺を合わせたらもっと満足度は高いと思ったりもしましたが、それは仕方のないことかなとも思います。
スポンサーサイト

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。