スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つけそば 丸長(埼玉県坂戸市)

夜遅くに車に乗り込み走り出した場所は埼玉県。この一杯を食べたくて、この店の前に行きたくて。
到着したのが朝の5時半。もちろん誰もいるはずも無く、駐車場でゆっくりと待ちました。
午前8時頃になると、暖簾もかかっていないのに一人、また一人と店の横の隙間に消えていく。気になって行ってみると、すでに営業されており、先に入店していた二人は食べ始めていました。そのあともどんどんと客が来られ、満席とはいきませんでしたがとても賑わっていました。朝早くからすごいものです。

坂戸

坂戸丸長。丸長の経験は長野にある中野丸長しかないため今回が2店目となります。
こんな大きなシャッターのある前にとても小さな暖簾が堂々とかかっています。このシャッターは常に閉まっており、奥にある入口から入店するようになっています。

つけそば

シャッターで来たからには「つけチャーシュー」を頼むしかありません。注文を入れると、年配の店主がスキの無い動きで作り始める。麺を豪快に茹で上げ、水しぶきを上げながら締める。つけ汁はあらかじめタレ、砂糖、ラー油が注いであり、そこに適当に近いくらいの目分量で酢を足していました。
そして提供されたものは、麺の上に分厚いチャーシューが5枚ものっており、かなりのボリュームを感じます。朝からこれを食べれば腹は重たくても力がつきそうです。つけ汁は澄んだもので、醤油と甘味が先行している味作りで、酢や辛味は仄かに効かせてあるものでした。動物系や魚介の出汁感は薄くて、調味料の味わいが際立ちますが、逆にそれがこの旨さにつながっているかのような印象を受けました。

麺アップ

麺はナンバーワンを使用した自家製麺で、つるんとした麺肌が美しく、コシも適度にあり、モチッとした食感と歯切れの良さも心地よく、嫌な麺臭もないため、純粋に麺を味わうことができます。
つけ汁につけてみれば、控えめな出汁感ながらも味や油脂が程よくのってくるため物足りなさは感じず、どんどん食べ進んでいけます。途中で酢やラー油などを加えて自分なりの味に調整する事もでき、今回は酢を多めに入れてみました。ビシッと引き締まってなかなか旨かったです。
チャーシューを食べる時に、つけ汁に入れてみると、最初から冷めていたつけ汁の温度がどんどんと低下していき、ぬるいと言うより冷たいものになっていきます。そして、表面には脂が冷えて固まったものが浮き始め、すごいことになっていきます。ですが、これがまたいいんです。チャーシューから肉や脂のコクが滲み出して味わい深いものになり、250gある麺が足りないと思えるくらい中毒性を感じてしまいました。もちろんチャーシューも僅かにあったつけ汁の熱を吸収し、しっとりとした食感、肉の旨味を蓄えたものでとても旨かったです。
長い歴史を刻んできたこの店に初めて行くことができた。僕が生まれるずっと前から存在していた丸長でやっと食べることができた。こんなことでも僕にとってはとても大きな経験になるんだと感じています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。