スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺屋 あっ晴れ つけめん堂(愛知県知多郡東浦町大字緒川字三角)

「濃厚焼干しつけめん 塩 3ばか+デカ唐」
塩

つけ汁

麺

デカ唐

麺、つけ汁ともに仕様変更。

前回と違い、麺の太さがアップ。それにしたがって茹で時間は長くなりましたが、しっかりと芯まで茹で上げているのは同様。太さがあるので、ややハードな印象は強くなりましたが、特徴である滑らかな麺肌とモチモチとした弾力性に富んだ食感はしっかりと残されていました。

麺もそうですが、つけ汁の変化は面白いもので、アゴ粉は使わなくなり、餡のみで焼きアゴの風味を強調させるものに。その餡を味わってみると、ビターチョコレートのような濃厚な舌触りと、ほろ苦い口当たりの中に甘い香りを感じられ、その奥から焼きアゴの特徴ある香りが持ち上がってきます。やや苦味が先行してしまっているかなとは思いましたが。

その餡のそばには白いソースのようなものもかけられており、こちらを味わってみたら、今度はホワイトチョコレートの味。甘くミルキーな味わいが広がって、焼きアゴ餡とは対極的なテイストで、これをよく混ぜてから頂くと、なんともいえない混沌とした味わいへと変化していきます。

つけ汁の粘度は前回より大きく上昇し、ドロリとした舌触り。麺をつけるとみるみる減っていき、300gの麺を食べるだけでほとんどつけ汁は無くなってしまいました。また、コーンポタージュのような風味は弱くなっていました。途中からはやはりザラツキが気になりだしましたが、前回ほどではありませんでした。スープ割りを飲み干すと、底には大量の骨粉と色々なものが沈んでいました。

ビター&スウィートな味わいで、ラーメンの枠を飛び出しているような仕立て。でも「ラーメンは無限大の可能性を秘めている」ということはよく伝わってきました。ただ、それが理解されるまでが大変なんでしょうね。

こんなのが合うの?といった非常識的な考えをカタチにしていくのも一つの進化のカタチかな。

スポンサーサイト

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。