スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑者(埼玉県川越市)

さてさて、お昼の時間での最後の一杯はここ「頑者」にしました。到着すると約20人の行列ができており、少々迷いましたが並ぶことに。ここは総入れ替え制とのことで、列の動きは良くないですが、一気に動きますのでそこまで辛いものではありませんでした。結局1時間程待ちました。

がんじゃ

色あせて破れた暖簾の古さが長い年月を物語っていますね。これまでたくさんの人がくぐったこの暖簾がこの店の力を教えてくれるようにも思えました。

つけめん

店の外で事前に注文をとられて一気に作り出すので、席に座ってからは間もなく提供されます。
艶やかな麺のビジュアルがいいですね。つけ汁には多目の香味油と魚粉がかかっています。
つけ汁は甘辛酸のバランスがうまくとられていて流石といったところ。動物系の出汁は粘度は無いながらも濃度はしっかりとしており、そこに和出汁をあわせて旨味が重ねられ、そこに大量の魚粉がパンチを与えています。一口飲むと、鯖の青い風味がとても強く、今まで香っていた鰹節の華やかな香りとは裏腹に、獰猛ささえ感じる味わいに驚きました。ですが、それが臭さというわけではなく、味わいに大きなインパクトを与えているという感覚でしょうか。

めんアップ

麺は極太のストレートで、ツルツルの麺肌が美しいもの。そのまま食べてみると、歯を押し返すかのような強いコシがあり、かみ締めると、粉の風味や甘味が仄かに感じられます。
つけ汁につけて食べてみると、ツルツルの麺肌でうまく絡みにくそうに思いましたが、先ほどの鯖の風味はもちろん、出汁の旨味、魚粉、表面の油をしっかりと纏って、しっかりとした味わいが口の中を満たします。ですが、やはり味の乗りはそこまで良くないというのが僕の印象ではありましたが、しっかりつけ汁につけて食べればそこまで気になるものでもありませんでした。
つけ汁の温度は低めではありますが、魚介の出汁感や風味を味わうにはこれくらいの温度がよいと思うので問題ありませんし、つけめんは温度の変化で味が変化していくその過程が面白いものでもあると思っています。
中盤以降も麺の食感はだれることなく持続し、最後まで美味しく頂くことができました。ラーメンのほうの麺は途中から弱ってしまいボソボソの食感になってしまいましたが。
つけ汁の中に入っている刻みチャーシューはしっかりした味付けで、脂の旨味より肉の旨味を重視したもので、柔らかさの中に程よい歯応えを残しており、沢山入っているので食べ応えもありました。
最後にスープ割りをして頂くと、とても飲みやすい濃度で、魚介の香りに押されて一気に飲み干してしまいました。
とても旨い一杯でしたが、スタッフの覇気があまり感じれず、なにか静けさが強く印象に残っています。悪いわけではないですが、何か明るさが欲しいかなとは僕は思いました。
店を出ると、まだ行列が続いている。ほんとすごい店です。来れてよかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。