スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いしとみ(神奈川県小田原市酒匂)

「チャーシューワンタンメン」
チャーシューワンタンメン

チャーシュー

麺

いやいやこの一杯はすごい。いろんな意味ですごい。

綺麗な店ではないけれど、店内はお客で賑わい、皆がボリュームたっぷりの一杯を楽しんでいました。

大きな寸胴の中には大量のチャーシューの煮汁。そこから醤油の部分と表面のラードの部分をすくって丼に注ぐ。

ここからがこの店らしさ。

旨味調味料には色々な種類があります。ここではおそらく3種類の旨味調味料を駆使しています。それもティースプーンで5杯ほど。バサバサと丼に放り込み、その後にかなり透き通ったスープを注ぎ、麺をたっぷりと、具も華やか。

届けられた丼はかなり大きく、大盛りと言ってもよいほどのボリューム感。

スープ自体の味わいは薄い動物系で主張しないのですが、そこに肉の旨味をたっぷりと含んだチャーシューの煮汁とラードが存在感を示しており、そこにグルタミン酸、イノシン酸などの旨味成分が混ざり合うことで完成されています。かなりの化学調味料が入っているのですが、そこまで嫌味はなく、素直に旨いと言えるストレートな味わい。

麺を引きずり出すと、手切りのようなランダム感のある仕立てで、多加水ということもあって、透明感のあるもの。かなり柔らかく茹でられているので、全く歯に抵抗感がなく、チュルンと唇を滑った後の柔らかな食感に思わず笑みがこぼれました。スープの旨味や、ラードを纏った麺の味わいは、シンプルでありながら、中毒性を感じさせるもの。

チャーシューはモモ肉、バラ肉のミックスで、モモ肉は肉の繊維を噛み千切るようなワイルドな食感と、肉の旨味と醤油の味が楽しめるもので、バラ肉は脂身の柔らかさと肉のホロホロとした柔らかな食感と、両極の味わいを楽しむことができます。チャーシューメンにしないのは損と言い切ってもいいかも知れません。

ワンタンは薄めの皮に程よい餡の量。プルンとした舌触りが良く、スープと一緒にすすりこめばまた違う印象を楽しむことが出来ます。

この一杯には胡椒がとてもよく合います。一振りするとかなりの量が出てしまいましたが、旨いことには関係なく。

最後まで飽きずに勢いよく食べ切り、満腹という満足感に浸りながら店を後にしました。

小田原系を色々と食べたくなりました。でも毎回チャーシュー追加してたらお腹がもたないかな。
スポンサーサイト

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。