スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江ざわ(千葉県鴨川市)

はらだを出た後、もう一店「勝浦式タンタンメン」を出している店に行きました。ここ「江ざわ」は勝浦式タンタンメン発祥の店とのこと。現在は移転しており、勝浦ではなく、鴨川に店を構えておられます。

江ざわ

店の前には「元祖 坦々麺」の文字がアピールしています。タンタンメンではなく、担々麺でもなく、ここは坦々麺なんですね。どうでもいいことではありますが。

たんたんめん

こちらの店はご飯もの他豊富なメニューがあり、その中でも、ここのタンメンには牛乳を使用しているとのことで少々興味がわきましたが、今回は迷わずタンタンメンを注文しました。ちなみに、普通、中辛、大辛と辛さも調節できるとのことでしたが、今回は普通をチョイス。
店内の暗さも影響してはいますが、ラー油の色は明らかに違いましたし、辛さの質も、さきほどの「はらだ」とは異質なものを感じました。
こちらは普通辛の場合はラー油の量はそれほどまで多くなく、といっても十分に多いですが、飲んだ瞬間の刺すようなシャープな辛さが印象的で、かつ辛味の引きがとてもよく、後に残らない辛さが嬉しかったです。また、こちらにもタマネギは入っていますが、こちらはざく切りで量は控え目で、甘味は幾分か抑えられているようで、ビターでキレのある飲み口で、なかなかに面白く、炒りゴマのプチプチした食感と香ばしい風味がアクセントとなっていました。こちらの麺も柔らかめの食感で、主張はありませんでしたが、しっかりスープになじんでいて相性は良かったです。

あっぷ

小口切りのネギも多く使われていますが、中心には白髪ネギがたくさん添えられており、それを麺と一緒に絡めて食べれば、しっかりと水にさらして苦味や辛味をとってあるようで、シャキシャキとした瑞々しい食感と仄かな辛味が心地よく、一杯の中に色々な食感が混在しており、飽きることなく食べ進むことができました。
勝浦にはラーメン屋でなくてもこのようなタンタンメンを提供している店が何軒かあるとのこと。この地域でこのタンタンメンが生まれて、この地域の人たちにとってのタンタンメンはずっとこの味だったわけですし、時代が流れ、新しいものが生まれようとも、これからもこの味はこの味のままで大切に残していって欲しいと思います。これこそ独自の文化ですし、遠くに住んでいる僕がこれを知ることができて食べることができたことはとても幸せな事だと思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。