スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン 虎の穴(千葉県千葉市稲毛区)

遠征2日目最後の一杯は、ここ「虎の穴」になりました。前から話は聞いていてとても気になっていたお店です。今回食べる機会ができて本当に嬉しかった。しかも、店に着いたときは空き席もあってすんなりと入ることが出来ました。その後はどんどんと並んでいましたが。ツイていたようです。
券売機の前に立ち当たり前のようにラーメンの食券を買い店員に渡すと「もやしはお付けしますか?」と聞かれ、スープに水っぽさが移るといけないので別皿で頂くことにしました。それにしてもとても丁寧な接客をされていますし、繁盛店ながら根本もしっかりしているように思いました。

らーめん

今回は全部普通で頼みました。この茶濁したスープから、かなりの濃厚さが伝わってきます。
レンゲで一口飲むと、カドがある濃い目の醤油ダレの存在感はガツンと効いていますが、それだけで終わらないスープの厚みが素晴らしいものがありました。緩やかなトロミを帯びて、豚頭のクリーミーかつ、髄の旨味が凝縮されており、家系のスープとは思えないほど濃厚で、それでも十分なところに多目の鶏油が更に甘味やコクをプラスしており実に骨太な味わい。家系の範囲で考えるより、そこから昇華させたこの店独自のラーメンと思って食べるのが正しいかと思います。

あっぷ

麺は酒井製麺のものを使用されており、やや柔らかめの茹で加減で、芯は残しつつ、ふんわりと柔らかい食感が嬉しいもので、麺自体の甘味が仄かに感じられるし、スープとの相性も良かったです。
普通盛りにしないで中盛り以上でガッツリと食べてこればよかったと今では少々後悔してはいます。また行けばいい話ではありますが。
チャーシューは柔らかいバラロールのものを使用されていますが、普通に旨いですが、スープの存在感に完全に埋もれてしまっている感覚でした。箸休めになるホウレン草や、スープに浸して食べれば旨い板海苔も、ご飯を巻いて食べたら旨いだろうなあ。
別皿で頂いたもやしもサクサクと瑞々しくて、口の中をサッパリとリセットしてくれるので嬉しいアイテムでした。
聞いた話どおりにレベルが高くとても満足できましたし、帰り際もしっかり目を見て挨拶してくださり、とても気持ちよく店を後にしました。ご近所さんがうらやましい限りです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。