スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二葉 上荻店(東京都杉並区上荻)

七彩を出た後、荻窪へと車を走らせました。どうしても食べたかった春木屋と荻窪丸長の二つを目指して。春木屋は30分ほど並んだ末に食べることが出来ましたが、丸長は残念ながら製麺機故障のため、昼営業はしないとのことでした。丁度製麺の業者さんがきていて、修理の話をしていました。残念ですが、またの機会で行けばいいことなので気にしませんでした。全部一気に行ってしまったらもったいないですしね。
春木屋で食べたあと、上荻に燕三条系のラーメンを提供している店があると聞き、そこに向かうことに。駅から歩いて5分かからずといったところでしょうか。小さな店がありました。この店は天沼に本店があるのですが、その2号店になります。今回は基本のメニューも気にはなりましたが、燕三条系が気になりそれの食券を購入しました。
燕三条系というと、まず頭に浮かぶのは新潟にある杭州飯店ですね。元祖は福来亭という老舗のようですが。出前をする際に麺があまりのびないように極太の麺を使用し、最中にスープが冷めないように沢山の背脂で表面を覆うといった、味も考慮してはいたのでしょうが、出前でも熱々で旨いラーメンを食べて頂けるようにという部分から生まれたものらしいです。詳細はわかりませんが。

二葉 らーめん

提供されるときの仕上げに沢山の背脂をザルで漉してあるため、表面は真っ白になっています。基本のスープは動物系の出汁の厚みもありますが、主張するのは煮干しの出汁感で、口に含んだときに感じる煮干しの独特な旨味や鼻に抜けていく風味、僅かに感じることのできるエグミという名の余韻がとても心地よく、どんどんとレンゲを進めてしまいます。醤油ダレは気持ち強めに効かせてありますが、そこに背脂の甘味が合わさることでカドを落とし、キリッとした醤油感がありながらじわじわと甘味が広がっていき、背脂のくどさを感じさせず、良い風味とまろやかな口当たりがとてもマッチングしていました。

あっぷ

そこに合わせる麺はかなりのインパクトがあります。多加水の極太平打ち麺のようですが、これは、麺帯を手切りして更に手もみをすることで、暴れるようなウェーブと、かみ締めることで粉の風味や甘味を強く感じられるものに仕上げられています。スープとのバランスはしっかりとれていましたし、わざと不ぞろいになるように乱暴に切ったのではないかと思えるくらいのランダム感で、とても面白く、そして旨かったです。またタマネギの瑞々しいシャクシャクとした食感が口の中の脂っこさを少々緩和して、その食感から、またスープを口にしてしまうというサイクルに陥ってしまい、連食というのに、結構な量のスープを飲んでしまいました。これは危ないラーメンです。券売機にも「ハイカロリー」と書いてあるように、残す気になれない人にとってはかなり危険な食べ物であることは間違いないです。これで余計新潟へ行きたい気持ちが強くなってしまいましたね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。