スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煮干し青樹(東京都立川市錦町)

立川の駅前にある「立川アーバンホテル」の一階に「らーめん玉館」という集合スペースが造られ、鯛塩で知られている「いつ樹」が曜日限定で店主が代わってやられていた煮干しを全面に出した一杯を提供していた「青樹」が独立し、ここ玉館へオープンしました。ここでは、スープは一種類のみで、濃厚な動物系ベースに煮干しを直接投入した感覚のある、かなりのパンチがある味わいを展開しています。僕の注文は「荒煮干しそば」です。名前からして興味がそそられます。

あおき らーめん

トロリとした粘度を持って強く乳化している豚骨を主体とした濃厚な動物系スープに、煮干しのものと思われる銀色のものが無数にあり、口にする前から煮干しの存在感の強さを窺うことができます。

あっぷ

まず一口飲んでみると、髄のコクよりも先に感じられるのは背脂のコク。骨からもしっかりと炊き出した感はもちろんありますが、そこに脂の濃度をプラスしてパンチを出しているといった印象で、ややくどさが感じられはしましたが、そこに煮干しの強烈といえるほどの旨味、風味、苦味(エグミ)がかなりの濃度で溶け込ませてあり、脂のくどさや動物系が云々というよりも、煮干しの存在感が全面に出ていることで、乱暴なまでの味わいを作り出しており、とてもマニアックな一杯となっていました。麺は加水控え目の中細ストレートで、表面には適度な張りがあり、噛み切るときにはサックリと歯切れも良く、なかなかに良い印象。粘度のあるスープもよく持ち上がって一体感もありました。ただやはりこの一杯はスープが主役のようで、麺やトッピングは全て存在感を消すまでに負けてしまっている印象をうけました。正直バランスはとれていませんがそれでも旨い一杯ではありました。
濃厚系が駄目で、煮干しが駄目な人、もしくは上品な煮干しが好きな人にとってはかなりヘビーな一杯になることは間違いないと思います。ただこういったやりすぎ感のあるラーメンが食べてみたいと思える人にとってはとても面白い一杯になるのではないでしょうか。
僕にとってはもっと煮干し強くても嬉しかったり…。十分に強烈ですからね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。