スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にぼぶら 鏡花(東京都立川市錦町)

青樹に続いて同設されている「にぼぶら 鏡花」へ。同市にある「鏡花」で提供されていた「にぼぶら」を看板メニューとして提供しているセカンドブランド店となります。東京ライト豚骨と燕三条系を合わせて考案されたとの事であるこの一杯は、本日食べてきた煮干し系のラーメンとの比較にもなりましたのでとても面白いものがありました。また、汁なしも提供されており、最近ではなかなか珍しい細麺でのマッチングを図っており、そういった部分にオリジナリティを発揮できるのも実力店ゆえなのでしょうか。

にぼぶら

当日は町田店主がいらっしゃり、独特な湯切り方法が見れるかととても興味深々で見つめていましたがなかなか発動されない。ですが、僕のときにやっと見ることができ、ある意味それだけでも半分満足していたのかもしれません。
届けられた丼は沢山の背脂が浮いていながらなぜかとても上品なビジュアルにみえ、醤油の濃い色と背脂、丼の明るさのコントラストがそういった印象をつくらせるのでしょうか。
スープを一口飲んでみると、濃い目の醤油感が印象的で、下支えとなっている動物系の濃度はスッキリとしていながらしっかりとコクを感じ、後口に煮干しのじわじわと舌に染みこんでくるかのような、それでいてエグミは一切感じさせない上品な出汁感が秀逸。背脂は一度蒸し上げることによって無駄な脂肪分を削り、くどさを抑えたとのことで、プリプリとした食感はかなり残ってはいますが、口に含むと、質の良さを感じる柔らかな脂の風味と仄かな甘味があり、濃口醤油の強さを幾分かマイルドさをプラスしており、スムースな飲み口ながら、コク、旨味、甘味、醤油感と多面的に隙を見せない味わいを感じました。

あっぷ

麺は硬めに茹で上げられておりサックリと歯切れが良く喉越しも良いもので、最初は歯応えや麺の風味を楽しむことができ、次第にスープを程よく吸い込んでくると丼の中に一体感が生まれてくるというような過程が面白いもので、麺の力が弱くなったり、臭いが気になることもなくとても美味しく頂くことができました。チャーシューは脂身のほとんどない肉肉しいもので、しっかりとした噛み応えと肉味を感じることのできるもので、よくあるバラ肉の柔らかく仕上げたものとは違って逆に嬉しかったりもしました。
さすがといったところですが、燕三条系をベースししたというには上品で、どちらかといえば尾道ラーメンに近いと感じました。スープがしっかりしているから、背脂があまり前に出てくるような感覚がなく、上品な背脂醤油ラーメンといった印象が強く、もう少し背脂を押し出して仕上げたらどうなるのかなと興味は湧きましたね。でもやっぱり旨いことには変わりないです。このあと鏡花の濃厚鶏白湯が気にはなりましたがお腹一杯で行くことができませんでした。
ちなみに、現在「玉館」で営業されているお店は、「にぼぶら 鏡花」「煮干し青樹」「井の庄」「武蔵家」です。もし興味が湧きましたら是非行ってみてくださいね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。