スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煮干鰮らーめん 圓(東京都八王子市横山町)

いよいよ関東遠征最後のお店となりました。最後に選んだ店はここにしました。前回行きたくても時間の都合で行きたくても行くことができなかったため、今回はどうしても行きたいと思っていました。随分メディアに顔を出してしまったためか、前回にはあった「つけ麺」や「豚骨煮干」はなくなっており、煮干らーめんと昔ながらのらーめんのみになっていました。どれも気になっていたので少々残念ではありましたが、とりあえず煮干らーめんを注文しました。旧名は煮干うす口醤油らーめんです。

えん ラーメン

麺の流れがとても美しく、スープの醤油色に良く映えます。とてもシンプルなビジュアルではありますが、それゆえ麺とスープへのこだわりを強く感じました。
前評判からではエグミまで出していて、かなりきつい煮干し感であったと聞いていました。確かに丼から香ってくる煮干しの甘く香ばしい風味は素晴らしいものがありました。ただ今回僕が頂いたものは、スープの土台となっている鶏の厚みも感じられるし、そこに醤油ダレと煮干しの旨味と風味が混ざり合い、少々のエグミは感じられますが、滋味深く、身体に染みこんでいくかのような柔らかな味わいが嬉しいものでした。日によって煮干しの強さにバラつきがあるとも聞いていましたので、今回はとても上品に仕上がっていたものと思われます。

アップ

麺も自家製。卵を沢山使用して打たれたというのがよくわかるもので、やや硬めの茹で上がりではありましたが、しっかりしたコシと、しなやかで長い麺線が特徴的で、かみ締めたときの甘味や風味も良いものでした。また食感の持続力も秀でており、食べ終わるまで麺の食感はある程度持続していました。麺線の細さの割には、かなりの強い存在感を放っており、クリアに仕上げられているスープとのバランスは、どちらかといえば麺が勝っているような印象を受けました。といっても、麺もスープもどちらもとてもレベルの高さを感じることができるもので、これから続けていかれるのならば、段々とこの一杯が完成されていくのではないかなと思います。チャーシューはバラ肉で、煮豚ではなく焼き豚だと思われ、程よい歯応えを残し、脂のコクと肉の旨味をしっかり逃がさずに仕上げてあり、表面はカリッと香ばしく、中はジューシーで、スープにも味が移り、単調になりやすいところを食感や風味でうまくフォローして、また味わいが違う顔を見せてくれるのも面白く、また、その肉の香ばしさが煮干しの風味ととても良く合っていました。
麺量も多く、7杯目ということもあり途中から苦しくなりました。やはり関東の麺屋さんは基本的に麺が多目ですね。東海は比べるとまだ少なめの店が多いように思えます。どちらが良いというわけではないですが。
今回の遠征もとても有意義なものになり、ラーメンを食べることだけでなく、色々な面から知り、学ぶことが出来たような気がします。こういった発見があるから、僕はラーメンが好きなのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。