スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はなさき家(愛知県尾張旭市)

楽喜を出た後、まだ小腹が空いていたため、少し車を走らせて尾張旭市にある「はなさき家」へ行って来ました。店は小さいですが、店内は清潔感があり完全なオープンキッチンとなっており食べ手としても安心感があります。店主は少し疲れているような雰囲気があり、あまり覇気を感じられませんでしたが、麺の湯切りをするときの思い切り力を込めてテボを振る姿にはとても力強さを感じました。今回の注文は担々麺のダイハードにしました。すごい名前ですよね。

たんたんめん

小振りの丼に鮮やかなラー油の赤と青梗菜の緑が映えてとても食欲が刺激されます。レンゲを差し込むと、芝麻醤の層は薄めで、ラー油もそこまで多く使われているわけではないようです。飲んでみると、五香が強く香るといったものではなく、香りは控え目ながらも物足りなさはなく、芝麻醤は白ゴマを自家焙煎して仕立てているらしく、ゴマの粘度はほとんどありませんが、風味、甘味、香ばしさと、やりすぎておらず、うまくバランスがとられていました。後口に感じる鶏や干し海老の出汁感も心地よく、黒酢の特徴的な甘い風味と酸味が味わいを引き締めています。ダイハードにしたわりには、辛味もそこまで強くなく、やや物足りなさは感じましたが、ラー油の風味が増しているようで好感は持てました。辛い担々麺が食べたい人にはおとなしい印象をもたれるのではないかと思います。

アップ

麺は低加水の中太ストレートで、程よい弾力がありながらサクッと噛み切れる食感が良く、表面はややざらつきがあり、スープの絡みも上々で、さらりとしたスープの中でもでしゃばることもありませんでした。やや食感の弱りが早いようにも感じましたが、柔らかくなっていくとまた違う旨さがあって一体感も強くなります。スープの中には戻した干し海老を細かくほぐしたものや、細かく刻まれた搾菜などの素材が使われており、これがスープに食感を生み出したり、旨味をプラスしているようで、それを掬いつつ食べるようにスープをどんどん飲んでしまいました。干し海老のほぐしたものは、流石に旨味は抜けていましたが、なかなか面白かったです。具のタマネギと豚ばら肉を甜面醤などで味付けしてあると思われるものも、甘味が濃いけれど塩分は控え目に仕上がっていて、麺と一緒に食べても良いし、ご飯と一緒に食べてももちろん相性は良さそうです。青梗菜の瑞々しい食感も、辛さで疲れた口内を癒してくれる良いアイテムです。最後にご飯にスープをかけて食べましたが、間違いなく合いますよね。
総じて強いインパクトがある味わいではありませんが、しっかりと出汁の風味や旨味を生かして、芝麻醤とラー油のみで持ち上げたものではない丁寧な作りを感じられる一杯で、優しさの溢れた味わいに満足して店を出ました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。