スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極濃麺家初代 一本氣(東京都江戸川区西小岩)

やぶれかぶれを出た後、前回の遠征時に臨時休業をしていて、行くことができなかった「一本氣」さんへ向かいました。今回は営業していました。
お客さんは一人もおらず、少々心配しましたが、とりあえずラー麺の食券を購入し待ちました。
ここの店主は、六角家と博多一幸舎で修行されていたとのことで、周りの評判は家系+博多とんこつといった、2種類のジャンルのいいとこ取りをしたようなテイストと言われているようですが、実際はどうなのでしょうか。
ラー麺

脂泡が浮き、しっかりと豚骨が炊き出されて茶濁したスープの見た目は家系に近いものがありますが、その濃度には驚かされます。脂肪分よりも、骨髄のコラーゲン+カルシウムの詰まった、緩やかなトロミを伴い、口当たり濃厚ながらくどさを感じさせない繊細さ、かつ頭骨からの独特な風味もわずかに残した、野性味すらあるテイスト。タレの効き具合もちょうど良い塩梅で、スープの良さをうまく引き立てています。個人的にはこういった組み立てが大好きだったりします。
麺は中太のやや平打ちのストレートで、程よい歯応えと滑らかなのど越しのよいもの。加水の問題か、スープをあまり吸い上げるようなタイプではありませんでしたが、長めの麺線のため、啜り上げればしっかりスープを持ち上げてきました。

アップ

トッピングには肩ロースのチャーシュー、斜め切りにされた白葱、メンマなどがありますが、特徴的と言えるのが、山くらげでしょうか。メンマとはまた違ったコリコリとした歯応えが楽しい。味付けは控えめでした。
先述の家系と博多とんこつのいいとこ取りという考えですが、そうでもないように思います。
家系のように鶏油に頼ることなく、博多とんこつのようにサラッとしたものでなく、骨濃度の濃いスープの旨味で食べさせることのできる力強さと後味の心地よさは、家系でもなく、博多とんこつでもない、一本氣のオリジナルと言えると思います。
こういった店が愛知県にも増えて欲しいと願いますが、なかなかそうもいかないでしょうね。
これからも修行先での経験を武器に、自分の味を高めていって欲しいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。