スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶっこ麺(岐阜県多治見市)

はなさき家を出て一旦家へ戻り、夜の部がやってることを祈りつつ再び店の前へ。幸いながら営業しており、しかも待ちは1人とかなり幸運でした。当日に入り口前には「店主ぎっくり腰のため、つけ麺のみの提供」と書かれていました。麺を2種類打つのが難しいのでしょうか。少し待ってから席へ案内されました。注文はつけ麺大盛りの肉増しにしました。

つけめん

真っ白な肌をした太麺はストレートな麺線で、エッジが立っておらず、しなやかさも見てとれるもので、口にすれば、コシは強すぎず、かつ柔らかいわけでもなく、モチモチとした弾力性に富んだもので、うどん粉の配合が高いことがうかがえます。また、氷水で締めず、流水で入念に締められているので、表面の粘りもほとんど無く、ひやもりながら、粉本来の風味も仄かに残しており、甘味も感じられます。そのまま食べてももちろん旨いです。

つけ汁

それに合わせるつけ汁は相変わらずの濃度と粘度を誇ります。魚介の風味も強くは無いですが、ふんわりと感じられ、動物系からは脂と骨髄、他コラーゲン物質を溶かし込まれているような濃厚なもので、タレの効きもカドも無くまろやかで、酸味もほとんど感じられず甘味が強めのバランス。一味などの辛味も控え目で、ブラックペッパーの香味とピリッとした刺激で引き締めた、スープの旨さで食わせるタイプのつけ汁です。舌触りもザラツキを感じさせず、なめらかで、口の中に旨味がねっとりと絡みつくような感覚があります。麺をつけてみれば、麺肌はつるりとしているのに充分すぎるほどにつけ汁が絡みつき、口にすれば濃厚な旨味が口の中を支配し、一口目で旨さの絶頂へ達しました。麺の食感も強すぎないため、合わさったときの味わいのバランスもしっかりととられており、これだけインパクトがありながら繊細さを兼ね備えている味わいに好感をもてます。チャーシューはバラロールタイプへ変更されており、厚みもあって肉の食感を程よく残し、味付けはしっかり目ながら肉を食べる楽しさのあるものでした。トッピングとデフォを合わせて4枚もあり、流石に最後の一枚は重かったです。最後にスープ割りをし、魚介の出汁で割られスッキリと飲みやすくなったつけ汁をゆっくり味わいながら飲み干しました。
つけ汁の温度はぬるいとよく言われていますが、つけ汁がぬるいから不味いへつながるとは僕は思えません。やはり、その温度だから真骨頂を見出せるという場合もありますし、高濃度が理由で温度が上がらないというのも原因の一つでもあると思います。温度が上がれば確かに熱々で旨いでしょうが、「熱さから感じる旨さ」ではなくスープが持っている風味や旨味などの「本来の旨さ」に充分に浸ることが出来ないような気がします。熱々で提供されてもいつかは温度低下は訪れる。そのときでも旨いというのが素晴らしいのではないかと思います。ここは最初からぬるめですが、冷めたところでバランスが崩れることもなく食べ進めることができます。ややくどさも感じてきますが、これだけの濃厚なつけ汁なので仕方ないとも思います。好みもハッキリとわかれるほどの味わいではありますが、はまれば抜け出せない中毒性をもつ一杯と言えそうです。臨時休業もかなり多く難関で、何度も振られてはいますが、それでも通ってしまっている自分も中毒に冒された中の一人なのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。