スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つけ麺 丸和(愛知県名古屋市中川区春田)

久しぶりのレポとなりました。プライベートでいろいろとありすぎ、暇がありませんでした。またちょくちょくアップしていきますのでよろしくお願いします。
さてさて、また丸和ですが、限定の味噌つけ麺が始まっています。これを食べたのは2週間以上前のことなのですが。

丸和味噌つけ麺

平日は全粒粉を配合されていないピュアな麺を提供されています。黄色みがからず、クリーム色の見た目がとてもきれいです。グツグツと煮えたぎっているつけ汁からは、湯気とともに甘く香ばしい麹の風味を伴った味噌の香りが立ち上ってきます。具はキャベツやタマネギのみじん切りが追加されていました。とりあえず、麺から頂くと、嫌な麺臭などは無く、水で締められてモッチリとした弾力性に富み、かつ硬さを感じさせないもので、仄かな甘味と風味も心地よく、硬めに仕上がる全粒粉麺とはまた違う、しっとりとした仕上がりが嬉しく、食べやすくもありながら、全く物足りなさを感じさせません。やはり僕の好みとしてはこちらのほうでしょうか。

アップ

ドロリと強い粘度を持ったつけ汁は去年の提供されたときと比べると明らかに高濃度になっています。つけ汁のみを味わってみると、まず舌に感じるのは麹や味噌の甘味と風味。麹の特徴的な味わいは、好きな人にとってはたまらないものです。味噌は好き嫌いの激しい調味料ともいえますが、僕にとってはこの味わいに満足しました。味噌の風味に合わさって、ゴマやピーナッツバターなどの風味やコクも仄かに感じられ、単純な味噌の味わいだけでないところに好感が持てます。もちろん下地となっている丸和スープの存在感は失われず、味噌という完成された調味料に負けずに、その重厚な動物系のコクや濃度、魚介の旨味と風味を放っており、口の中に幾重もの味わいが広がります。そして後口には柚子胡椒のピリッとスパイシーな辛味と爽やかな香味が残り、味わいが重くなるところを優しく纏められており、これだけ濃厚なつけ汁ではありますが、脂くどさや味の重さを感じず頂くことができました。塩分もそこまで強くなく、ぼやけない程度に感じられますが、甘味のほうが印象に残る味わいでした。麺につけて食べれば、もちろん旨いです。熱々のつけ汁に麺を沈ませると、麺の表面が瞬間的に緩み、ふんわりモチモチとした優しい食感になるところも僕的には嬉しいものでした。とても絡みも良く、どっぷりとつけて食べていけばつけ汁がなくなるかもしれませんので注意。スープ割りももちろん旨いですが、ご飯との相性も抜群でしょう。夜ならば雑炊にしてみたいものです。
今現在はBrix14程に抑えて仕上げているようですが、それでも東海地区ではトップレベルの濃度と、旨味をしっかり蓄えたもので、どんな味を投入しても芯がぶれない力強さをもったスープだからこそ、このバランスが生まれたのかなと思います。旨かった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。