スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らぁめん つけ麺 すずまん(岐阜県岐阜市)

今年の8月に岐阜市にオープンした鳥居式らーめん塾生のお店ですが、オープン時には色々と賛否両論があって気にはなっていました。やっぱり自分で食べて感じなければ何も言えませんしね。店構えはなかなか立派でした。僕が行ったときには5人の外待ちがあり、早速人気を集めだしているようにも思えました。評判では、らぁめんの方が印象が良いという方が多かったですが、僕はつけ麺を食べたかったので。

つけ麺

違う店で見たことのある方が働いておられましたが、店主共々生き生きと仕事をされており、待っている時間もそういった光景を見ていられるのがなにか気持ちの良さを感じます。早速届けられた一杯は確かに鳥居式らしさのあるバランス型の豚骨魚介タイプのつけ麺です。まずは麺から頂くと、鳥居式といえば大成食品の麺を使用しますよね。氷水は使わず、しっかりとぬめりを落とし締められたもので、表面に嫌な硬さは無く、抵抗感なくとても食べやすい仕上がり。粉の香りやコシの強さはそこまで秀でたものではありませんが、無駄に主張しない風味や食感がこのつけ汁にはよく合っていました。

アップ

動物系の濃度はそこまで強くはありませんが魚介系とのWスープで、どちらの出汁感も壊さずに、バランスをしっかりとられています。動物系からは骨髄や脂の濃度感とコクを、魚介は旨味を押し上げ、動物系の臭みをかき消し、節からの心地よい香りを立たせるといった、しっかりと組み立てられたものでした。もちろん、甘辛酸も存在し、どれかが突出しているわけではなく、調味料も万人が受け入れやすいような塩梅に抑えられており、インパクトはありませんが、とても食べやすいものでした。麺をつければなかなかしっかりとつけ汁が絡みついてくるし、タレも強くないので、口の中で麺とつけ汁の味わいが合わさったときのバランスも良いし、僕は美味しく頂くことができました。チャーシューやメンマはあまり存在感がなく、もう少し具にも意味を持たせても面白いかなとは思いましたが、特に問題もありませんでした。ポットで好きなだけ使える割出汁は熱々。シンプルで控え目な出汁感が逆に嬉しく、割った後のつけ汁もとても飲みやすくなりました。
動物系の濃度が足りないとよく言われていましたが、そもそも、動物系が強くないといけない理由は無いように思います。この味わいに高濃度の動物系が存在していたとしたら、誰もが美味しく食べることの出来る味わいを目指しているこの店のカラーが崩壊してしまうかもしれません。確かに濃厚系はわかりやすくインパクトも持ち合わせていますが、そればかりがラーメンではないし、この店のテイストである豚骨魚介系は巷にあふれ出しはじめてはいますが、それも現代のニーズに対応した結果そうなっているのかなとも思えますし、悪いことではありません。よく「またお前か」といわれますが、しっかり作りこんでいる店の味わいは、ジャンル分けで考えるのは失礼です。その店の味はそこでしか味わえないのですから。近くても同じものはないと僕は思いますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。