スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳麺ちゃぶ屋(東京都文京区音羽)

お台場に行き、ビーナスフォートで買い物をしたり、車を見たりして楽しんだ後、夜の部に合わせて向かいました。プリウスの燃費は素晴らしいですね。これを買ったら余計に遠征ばかりしてしまいそうです。余談はここまでにしましょう。この店もとてもスタイリッシュな造りで、店内に入れば、バーに来たような感覚もあります。箸はカウンターに設置されていて、一つ一つセットにしてあるのもすごいです。昼の部には1996年式の味で提供し、夜の部には2009年式の味を展開しています。今回は夜の部なので、2009年式の醤油味 らぁ麺を注文しました。

らーめん

調理工程を見ていましたが、ここの湯切りは独特ですね。数回の湯切りでは終わらず、数十回と平ザルに麺を打ち付けて徹底的に湯切りを行っています。店主いわく、湯切りの音を意図的に出すことが客の浮かべるイメージを良いものにし、何度もザルに打ち付けることによって、麺の持っている旨味を最大限に引き出すことができるといった意味があるようです。事実、僕はその湯切りに目を奪われてしまいました。そして届けられた一杯は非常に美しいビジュアルであってシンプルとも言える、ラーメンらしさを失っていない堂々としたもの。まずはスープを頂くと、スープの下地には丸鶏の上品な風味と甘味がしっかりと感じられ、雑味などは一切なく、スッキリとしつつも充分な存在感を放っています。そこに合わせる醤油ダレは、カドはしっかりと削られていながら、醤油本来の香りを残しており、スープに合わさることで、更なる旨味と香りの相乗効果を生み出しており、表面に浮いた鶏油が鶏の素材感を更に持ち上げ、コクと甘味を重ねていて、一口飲むごとに深みのある味わいが広がってレンゲが止まりませんでした。

アップ

そこに合わせる麺は、自家製の細ストレートのもので、なめらかな麺肌がとても美しく、啜り上げたときに唇で感じる触感がとても心地よいもので、かみ締めれは、硬さを感じさせない程に弾力があり、中心部は芯が僅かに残してあるため、シコシコとした食感も良く、仄かに感じられる小麦の甘味や風味を楽しむことができます。また、スープとの相性も抜群で、はじめは麺とスープそれぞれのもつ特長を楽しめ、中盤からは、麺にスープがなじみ始め、最初からも感じられる麺とスープの一体感が更に強調され、一杯の中で色々な味わいを楽しむことができるものとなっています。焦がしエシャロットも効果的で、スープに散らしても一辺倒にならず、あくまで脇役として機能し、スープにコクと香りをプラスして厚みが加わります。アサツキ、白葱も邪魔にはならず、色彩的、味的にもしっかり意味を感じ取ることができました。提供する直前に切り出すチャーシューも脂、赤身のバランスが良く、とろけるような脂の舌触りと甘味、臭みもなく、肉の旨味を逃していない仕上がりは素晴らしいものがありました。
それぞれの素材の良さを生かしつつも、一つにしっかりと纏められた味わいは、さすがといったところでした。気圧の違いまで気にする店主のこだわりの一杯は、ラーメンという形にしっかりとはまりながら、極めて上質で、流行に流されない高い完成度を感じるものでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。