スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家系総本山 吉村家(神奈川県横浜市西区南幸)

愛知県で家系と言うといくつか頭に浮かびはしますが、愛知ではタレや鶏油の強く効かせたしょっぱ旨いというのが浸透しにくいのか、比較的タレの効きが柔らかく、鶏油の量も控え目な味の組み立てをしている傾向があるように僕は思います。地域に合わせた味わいを提供するのはもちろん大切であるとはおもいますが、なにか物足りなさを感じてしまう自分がいます。今回伺ったときはお昼の3時でしたが、30人近い行列でびっくり。はしましたが、広いキャパとすばやい客さばきが素晴らしく、ほんの30分程の待ち時間で済みました。これは嬉しいですね。今回は「ラーメン」で、濃いめ、多め、柔らかめで注文しました。

ラーメン

店員の役割分担がしっかりとしており、一度にかなりの杯数を作り上げていく様に目を奪われ、客の注文を記憶し、的確に通していく様に脱帽し、こんなに記憶するのは何かコツがあるのかと考えてはいました。僕のは柔らかめで頼んでいたので一番最後に届けられました。18人中僕だけが柔らかめで、後の客は硬めで注文していました。みんな硬めが好きなんですね。茶濁した豚鶏のスープの表面には多めで注文した鶏油が浮き、ホウレン草、3枚の板海苔、チャーシューと、この店から生まれた「家系」の姿を見ることができます。タレも濃い目で注文していますので、もちろん強めに塩分を感じはしましたが、それよりも醤油ダレの旨味や甘味が全面にハッキリと感じられ、そこに風味の良い鶏油がコクと甘味、そして、トンコツと鶏ガラを炊き出した、濃厚とはいえないけれど、しっかり動物系の素材感を感じられるスープと、個性の強い醤油ダレのまとめ役に鶏油が一役買って、味わいにまろやかさを生み出しており、三位一体というよりも三味一体となって成立した味わいと感じました。

麺アップ

直系御用達の酒井製麺のもの。やや平打ちともいえるストレート麺で、麺線は短めながら、スープの吸い込みがとても良く、しっかりとバランスがとられています。麺の臭いも悪くないし、仄かな甘味と、柔らかめで頼んだ結果か、ふんわりモチモチとした食感が、優しくもあり、楽しくもありました。イレブンフーズでも思いましたが、柔らかめで頼むのが僕としては堪らなくいい感じであります。

チャーシュー

煮豚チャーシューとは違う、スモークチャーシューが特徴的。柔らかすぎず、かつ歯切れの良く程よい肉の食感を残し、燻した甘く香ばしい風味が食欲をそそる一品で、肉の旨味を逃さず蓄えた仕上がりは、チャーシューメンにしなかった事を強く後悔させるものでした。食べ進み、板海苔をスープに浸して、柔らかくなり、鶏油やスープを吸い込ませて、麺を巻いて食べたり、ご飯と一緒に食べたり、行者ニンニクや生姜を投入して変化をつけたりと、一杯で色々と楽しむこともでき、そうやって自分の好みを探りながら食べるのもまた楽しく、次来たときにはこうやって食べよう。と次の楽しみにもつながるし、とてもリーズナブルなトッピングの数々が更なる楽しみを創造してくれます。
今度来たときには載せれるだけトッピングしてみようかな。
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。