スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らーめんダイニング ど♪みそ(東京都中央区京橋)

さてさて、遠征の最終の店となったのがここ「ど♪みそ」です。この店は2度目となります。東海地区でも、ど♪みそコラボがあったりと、知ってる方も少なくはないのではないでしょうか。実は六tokyoに向かっていたのですが、店に着くと残念ながらギリギリで終了。夜行バスの時間まであと40分となり、どこかないかと考えたところ、ここがまだ近かったため行くことにしました。前回は特味噌こってりを頂きましたので、今回は「みそオロチョン」を頂くことにしました。辛さはいろいろとある中でファイヤーにしました。「大丈夫ですか?」と聞かれましたが、大丈夫ですと伝え、出来上がりを待ちました。

みそオロチョン

スープの表面には多目の背脂を振りかけてあり、生ニラ、さっと湯通ししたモヤシ、多目の挽肉、その上に大量の唐辛子の粉末が確認できます。スープを注ぐ前に、かなりの量の唐辛子粉を投入されており、スープはデフォのみそと比べても一目瞭然。真っ赤です。

アップ

とりあえずスープから飲んでみると、確かに喉を突き刺すような強い辛味を感じるのですが、背脂の存在が辛味を円くしているようで、辛いだけでなく濃い甘味も印象に残る味わい。味噌ダレの風味はやや隠れ気味ではありましたが、味噌のまろやかなコクと背脂とのマッチングはやはり光るものがあります。スープはトロミがありますが白湯ではなく清湯で、調味料と合わせる前はサラッとしており、動物系、魚介とも強く出すのではなく優しく引き出されて味噌ダレと喧嘩しない控え目な出汁感。そこに背脂出汁を合わせて脂の甘味、旨味が溶け込んだもので、味噌ダレ、背脂と混ぜ合わせられることでトロミが生まれているようでした。今回は唐辛子粉も多量に使用していますので、粉が水分を吸収して、さらに強いトロミを帯びて、ドロリとした粘度を感じられました。ただ、唐辛子の影響からか、辛味の奥に潜む特有の苦味が口に残るのが気にはなりました。

麺アップ

麺は浅草開化楼の特注で、低加水、中太やや平打ちの縮れたもので、芯を残した茹で上がり。硬めの食感でモチモチというよりも、噛み砕くような感覚で、噛み応え、スープの持ち上げともに充分。もちろん辛味もしっかりと持ちあげてくるので、勢い良くすすりあげるとむせる危険性もあるので注意したいですね。トッピングのモヤシはシャキシャキと瑞々しく、辛味を幾分かリセットしてくれる良いアイテム。生ニラは風味を主張して食感も良い。挽肉は一粒が非常に細かく、麺に絡むこともないし、スープを飲むときに食感をプラスしてはくれても、旨味は控え目なので厚みが増すようなことはありませんでした。もちろん、無いよりはあったほうがよいとは思いますが、チャーシューが欲しくなってしまいました。結構辛かったですが、辛いもの好きな人なら楽なほうでしょう。ちなみにこの上の辛さもあります。
価格のことはあまり触れたくはありませんが、1000円という値段設定が少々気にはなりました。次に行くならば、みそこってりを頼んでしまうかな。また機会があれば上の辛さにも挑戦してみよう。
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。