スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華蕎麦 とみ田(千葉県松戸市松戸)

雨が降っていて、しかも15時過ぎでしたので、そこまで並ばないかなと思って行ってみたところ、30人程の行列が。まあ30人しかいなかったと思えばよかったのでしょう。先に券売機で「つけ麺 大盛り」の食券を購入し、暇つぶしの本を読みながら待ちました。前の客が団体の方が多かったり、メニューの関係上、そこまで長く待つことはなく、割とすんなり入店することができました。

つけ麺

座って程なくして届けられた一杯は、「大つけ麺博」で使用していた全粒粉配合の麺を提供しており、以前とは違う雰囲気。

麺

まず麺だけ食べてみると、全粒粉らしさのある独特な風味が仄かに感じられるもの。やや硬めではありましたが、粉の密度感が高く、麺そのものの旨さを実感することができました。以前より伸びのよさは減退してはいましたが、それでもしっかり満足できるものでした。店の入り口のあたりにある製麺室に物が山積みにされており、使用されたような雰囲気がなかったのは気にはなりましたが。

つけ汁

相変わらずというより、どんどん濃厚になっていくスープ。ゲンコツ、モミジなどを大量に溶かし込んだドロドロのスープに、強めに効かせた魚介の旨味と風味。そこに更に魚粉でパンチを与えたワイルドな仕上がりのつけ汁。
口にしてみると、甘味が強めのもので、動物系、魚介の旨味もしっかりと存在してはいますが、濃度と粘度の比率でいうと粘度のほうが印象強く、脂よりコラーゲンなどで持ち上げているような感覚です。ですので、濃厚ではあるのですが食べやすく仕上がってはいます。
麺をつけて食べれは、以前の麺より絡みが弱くなったように感じましたが、特に気にすることもなく、しっかりと旨いものでした。ただ大盛りにしたのが悪かったのか、終盤になると、麺の食感に変化がみられ、弾力があり、ムッチリとしたものが、弾力を失ってしまっていたのは残念ではありました。
脂が甘いチャーシューや、甘めに味付けされたメンマ、どちらも味わい深く、良い箸休めになります。
食べ終えた後はスープ割りを。あっさり、こってりとあるので、今回はこってりで注文。チャーシューとネギが追加されて出されます。嬉しいものです。先ほどまでのつけ汁よりも更に粘度を増して返ってきます。半固体となって、これはものすごいインパクト。さすがに重いですが、残さず頂きました。
5回目の訪問でしたが、行くたびにスープの粘度が上がっています。特長であった脂泡も姿をくらまし、ひたすら濃厚さを追い求めているのでしょうか。そのインパクトがこの行列を作っているのかな。でも、以前の脂泡がたっぷり浮かされ、バランスの良さを感じた味わいのほうが僕は好みでした。でも旨かったです。
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。