スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺家 喜多楽(愛知県名古屋市中区橘)

「ラテン系台湾」
ラテン系台湾

アップ

麺アップ

イタリアンでもあるけれど、無国籍でもある。だからラテン系。ネーミングにもテイストにも天邪鬼な店主のセンスが感じられる一杯。

スープは、動物や魚介などの出汁感はしっかりとあるけれどスッキリと飲める、クリアなテイストで、しょっぱさをギリギリ感じさせない絶妙な塩ダレの塩梅。

そこに浮かされた油は、唐辛子のシャープでホットな辛さと、バジルの風味が心地よいもの。ラー油というより、チリオイルといった感覚。このオイルだけをパンに染み込ませて食べても間違いなく旨そうです。

ミンチは肉の色を残して仕上げられたもので、僕はバカジタのため、白醤油の味わいに似たようなものを感じていましたが。そんなことも関係ないですが、しっかり旨味を吸い込んでいて旨いです。

ドライトマトの存在は嬉しいです。水分を飛ばして旨味を凝縮されたドライトマトは、噛めば濃い旨味と甘味を楽しめますが、スープになじませて味を変化させていくのも良いものです。

ルッコラのゴマの風味を伴った爽やかな苦味、シャキシャキと瑞々しいモヤシも、口の中をリセットしてくれる良いアイテムとなっていますし、それらが台となっていて、ミンチが散り散りになりにくいのも良いですね。

麺もさすが良い茹で加減で、歯切れ良く、スープとのなじみも良いです。弱ってしまうのは早いですけどね。

最初は香りの印象で食べ進んでいきましたが、次第に具材がスープに混ざっていくと、感じていた味わいが変化していき、単調さを感じさせない味作りも、食べ手としても楽しいものです。

辛くないわけではありませんが、最後まで食べても舌が麻痺する事もなく、味わいながら食べきることが出来ました。

1年間のロングランで提供されていくものでしょうし、まだ変化させていくのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。