FC2ブログ

ラーメンフェスタ IN NAKAYAMA(千葉県船橋市古作)

麺家 喜多楽 「中華そば」
中華そば

アップ

どんな味を作ってくるのかとても気になっていました。着いてPOPをみたら「中華そば」さすが喜多楽。

鶏油とともに生姜や魚介の風味がふんわりと感じる、醤油強めでハッキリとした味わいの中華そば。細切りでコリコリの味のしっかりついたメンマ、チャーシューともに旨かった。ご飯が欲しくなったりもしました。おにぎりはありました。

千葉が開催地ということもあって、僕の予想では特産の煮干鰮をクローズアップしてくるのかなとか思い込んでいたりいましたが、まさかここまでストレートに出してくるとは思いもよりませんでした。

麺屋 白神 「つけ麺」
つけ麺

アップ

白神は自家製麺ではなく、硬い食感だったのは残念でしたが、白海老の独特な味わいをしっかりと打ち出したつけ汁で、濃度感はやや劣るけれども、白神を知っている方なら安心感があるかと思います。逆に関東では新鮮に思われたのではないでしょうか。

たった2日間でしたが、お昼どきの行列はすごいものがありましたね。味を求めてくる人もいれば、ボリュームを求めてくる人も。

今回の経験で、この2店がどのような成長を遂げるか、また東海に新しい風を送り込んでくれるかとても楽しみです。

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

梅の家(千葉県富津市)

チャーシューメン

アップ

そういえばまた行ってきました。このブログを立ち上げたときの初日記がこの店でしたね。

この日もお客さんはちらほらと来て、なかなか繁盛していました。

そして、またまたチャーシューメン+ヤクミを注文。あと梅割り。

今回も旨かったです。メンマは薬品臭がすごくて残しちゃったけどね。タマネギも随分細かくて辛かったなあ。でも満足。

優しいおばちゃん達の明るい笑顔が嬉しいですよ。竹岡式の元祖、行ってみてください。

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

らーめん福たけ(千葉県千葉市若葉区桜木)

メガ豚煮干し

つけ汁

「メガ豚煮干しつけ麺」

千葉で一度食べてみたかった(他にもたくさんありますが)一杯。強力なインパクトの煮干しつけ麺ということで頂いてきました。

他にも多くのメニューがありましたが、初志貫徹でなんとか一杯に抑えました。

残念ながら開化楼のちぃ麺が売り切れてしまっていたので、中太麺なら提供できますとのこと。仕方ないです。

届けられた瞬間にわかる煮干しの存在感。いい香りが立ち上るというよりも、強烈なビター感のある煮干しの匂いが鼻を突き刺し、食べる前から驚いてしまいました。

つけ汁を飲んでみると、予想通りの煮干しのエグミと苦味と旨味の大洪水で、下地となっている背脂出汁に豚を追い足して濃度を上げたようなトロミのある濃厚な動物系の存在感を脇役にしようといわんばかり。

もちろん、背脂の甘味や動物系のコクは充分で、そんな中でこれだけの煮干しを感じさせられるのは驚きました。正直いって、麺やトッピングは印象がかすんでしまいました。

でも、焼き鉄を入れてスープ割りをすると、煮干しの強さも幾分か優しくなって、柚子の風味が少しだけ下を癒してくれます。割出汁は魚粉が多く使用されていますが別に気にしませんし、最後に焼き鉄て熱々になったスープを飲めるのもなかなか嬉しいものです。

確かにものすごい煮干し煮干ししていましたが、近場で言えば、「豚の骨」の夜閉店間際の煮干しとほぼ同等でしょうか。福たけはエグミ全開でしたが、豚の骨は良い香りも幾分か残していますけどね。

どちらも煮干し好きには堪らない一杯であることは間違いないでしょう。ぜひ一度お試しあれ。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Bee Hive(千葉県長生郡長生村)

「フォアグラ風 厚切り塩チャーシュー麺」
厚切りチャーシュー

naminoriのクリアな味わいと比較すると、動物性油脂の含有量が多く、旨味も肉に偏りがちになるのでバランスはイマイチではありますが、それでもしっかりと旨い一杯。
初めて来た時もそうですが、やはり店主もおススメのnaminoriが純粋に味わえると思いますし、完成度の高さを感じることができると思います。

「三元豚の油そば」
油そば

超らーめんナビの限定として提供していた油そばですが、仕様変更して、青森シャモロックのほぐし肉のバンバンジー風のものがトッピングされていました。味わいは自家製マヨネーズの風味やコクも感じられましたが、上品な旨味が残った、クセのない鶏の味わいがうれしいものでした。
麺も以前のものとは微妙に感じ方が違い、モチモチ感、食感の持続力、麺肌の違いなど、ブラッシュアップされていました。
生醤油と三元豚の油脂のみのシンプルなテイストながら、醤油、油脂、麺どれもが旨いので十分な満足感がありました。
低温調理された三元豚のチャーシューも相変わらず旨かったです。

また行ってきました。

出汁、塩ダレに使用された多くの素材は、数十種類に及びながら、それぞれが主張せず、鶏の良さを生かすために積み重ねられ、一つ一つの素材にしっかりと役割をもたせています。
何度食べても感動が生まれてきます。九十九里浜の広がるこの地を訪れることがあったなら、是非この店に行って頂けたらと思います。九十九里の波に負けない大きな波をみることができるはずです。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

中華蕎麦 とみ田(千葉県松戸市松戸)

雨が降っていて、しかも15時過ぎでしたので、そこまで並ばないかなと思って行ってみたところ、30人程の行列が。まあ30人しかいなかったと思えばよかったのでしょう。先に券売機で「つけ麺 大盛り」の食券を購入し、暇つぶしの本を読みながら待ちました。前の客が団体の方が多かったり、メニューの関係上、そこまで長く待つことはなく、割とすんなり入店することができました。

つけ麺

座って程なくして届けられた一杯は、「大つけ麺博」で使用していた全粒粉配合の麺を提供しており、以前とは違う雰囲気。

麺

まず麺だけ食べてみると、全粒粉らしさのある独特な風味が仄かに感じられるもの。やや硬めではありましたが、粉の密度感が高く、麺そのものの旨さを実感することができました。以前より伸びのよさは減退してはいましたが、それでもしっかり満足できるものでした。店の入り口のあたりにある製麺室に物が山積みにされており、使用されたような雰囲気がなかったのは気にはなりましたが。

つけ汁

相変わらずというより、どんどん濃厚になっていくスープ。ゲンコツ、モミジなどを大量に溶かし込んだドロドロのスープに、強めに効かせた魚介の旨味と風味。そこに更に魚粉でパンチを与えたワイルドな仕上がりのつけ汁。
口にしてみると、甘味が強めのもので、動物系、魚介の旨味もしっかりと存在してはいますが、濃度と粘度の比率でいうと粘度のほうが印象強く、脂よりコラーゲンなどで持ち上げているような感覚です。ですので、濃厚ではあるのですが食べやすく仕上がってはいます。
麺をつけて食べれは、以前の麺より絡みが弱くなったように感じましたが、特に気にすることもなく、しっかりと旨いものでした。ただ大盛りにしたのが悪かったのか、終盤になると、麺の食感に変化がみられ、弾力があり、ムッチリとしたものが、弾力を失ってしまっていたのは残念ではありました。
脂が甘いチャーシューや、甘めに味付けされたメンマ、どちらも味わい深く、良い箸休めになります。
食べ終えた後はスープ割りを。あっさり、こってりとあるので、今回はこってりで注文。チャーシューとネギが追加されて出されます。嬉しいものです。先ほどまでのつけ汁よりも更に粘度を増して返ってきます。半固体となって、これはものすごいインパクト。さすがに重いですが、残さず頂きました。
5回目の訪問でしたが、行くたびにスープの粘度が上がっています。特長であった脂泡も姿をくらまし、ひたすら濃厚さを追い求めているのでしょうか。そのインパクトがこの行列を作っているのかな。でも、以前の脂泡がたっぷり浮かされ、バランスの良さを感じた味わいのほうが僕は好みでした。でも旨かったです。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード