スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釜炊き豚骨ラーメン きら星 満天(東京都中野区中野)

「つけめん+唐揚げ2個」
つけ麺

麺

つけ汁

前回なかなかの好印象だったこのお店ですが、つけめんも始まっているとのことで食べに行って来ました。

お昼時に伺ったのですが、客の入りはかなり寂しいもの。有名店といえど苦戦しているようです。

届けられた一杯はなにか違和感が。煮干餡が見当たりませんでした。同行者のラーメンにも煮干餡はのっておらず、無くなったのかなと思っていましたが、最近の記事にはしっかりと煮干餡がのっていました。2杯とも忘れられたのかな。となりの客の一杯にもありませんでしたけど。

つけ汁は前回はしっかりとした濃度を感じ取ることができたのですが、茶濁した豚骨スープに言うのもおかしいことかもしれませんが、サラリとした口当たりで動物系の出汁感はかなり薄く、粘度は僅かに存在する程度でやけにサッパリとしています。もちろん、煮干しや鯖節などの魚介の旨味や香りは伝わってくるのですが、動物系の濃度低下が非常に気になってしまい、豚臭さの強めの豚骨魚介つけ汁といった印象で、かなり物足りなさを感じてしまいました。この日はブレだったのかもしれませんが。そう願いたいです。

麺は硬めに茹で上げられており、ギュッとかみ締めるような食感で、そこまで太くない割には存在感もあります。この日のつけ汁との相性は、完全に麺が勝ってしまっていて、つけ汁を弾いているような印象すらありました。

スープ割りも濃度はさほど変わらず、終始単調な味わいに残念ながら負けてしまいました。

唐揚げは相変わらず大きくて食べ応え抜群。そういえばセットメニューがAセットしかなくなっていました。今現在はわかりませんが。

美味しかった前回のことがあるので、この大きな変化には驚いてしまいましたし、正直に、残念な気持ちでいっぱいになってしまいました。

でも、次に行ったときには超濃厚な一杯を再び堪能したいと期待しているのも本音です。

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

地雷源 中野本店(東京都中野区中野)

「我流旨味ソバ」
我流旨味ソバ

アップ

麺

地雷源が杉並区より移転オープンしたとのことで伺いました。中野郵便局のそばにあり、駅からもとても近いので行きやすく、場所もわかりやすいです。

外観はとてもラーメン屋とは思えないです。入り口そばにはスピーカーが設置され、軽快な音楽が流れていて、待っている時間も苦になりませんでした。

店の中に入ると、これまたスタイリッシュ。バーのような雰囲気すら感じる店内。

食券を購入し、席についてしばらくして届けられた一杯は、かなり濃い目の醤油色をした面持ち。

表面には鶏油が多めにかけられていますが、麺を持ち上げたと同時に立ち上ってくる醤油の甘く香ばしい香りと鶏の柔らかくも特徴を強く感じる風味に心躍ります。

一口スープを飲むと、濃い目に見えた醤油は塩辛さなどは微塵も無く、逆に甘味を帯びた醤油感の強い旨味とコクの深さが印象的で、ベースとなる丸鶏、豚骨、鶏がら、モミジなどの動物系の旨味と程よい重さをクリアに引き出したところに魚介系の旨味が効かされ、非常にバランスのとれた味わい。魚介は強くは香らせず、主役となる鶏の味わいを引き立てる脇役となって、サラリとしたクリアでスムースな飲み口のスープながら、口の中に広がる幾重にも重なる旨味が素晴らしいものでした。

麺は三河屋製麺のものかな。なめらかな麺肌と、柔らかさと適度なコシを併せ持ち、スープの染みこんだ一体感の強さをしっかりと感じさせる味わいで、蕎麦の様に喉越しを味わっても旨いといえるもの。食感とスープとの合わせかたは、横浜の維新と似ているところはありましたが、最初から最後まで色々な状態で楽しむことができました。

チャーシューはバラ肉を炙って香ばしく、歯応えも残して肉肉しさとジューシーな肉汁がたまらないもの。極太メンマも太さの割には柔らかめに仕上げられていて、シャクシャクとした食感が心地よく、デフォながら充分な満足感を得ることの出来るものでした。

まだ未定ですが、曜日、時間などで、体系の違う営業をされるようなので気になります。特に夜中からが気になってます。またこのお洒落なお店で、ラーメンだけでなくアルコールなども楽しんでみたいと思い、次への期待としておきます。

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

釜炊き豚骨ラーメン きら星 満天(東京都中野区中野)

釜炊きラーメン

アップ

唐揚げ

去年の12月にオープンした「きら星」の2号店になるこのお店。本店には無い、羽釜を導入し、強火力と合わせて、羽釜の熱伝導の良さが、骨の炊く時間を短縮して、それでいて濃厚さは充分というスープを作り上げているようです。

当日は15時頃に伺ったのですが、客はおらず、すんなりと入店できました。場所が駅前ではあるのですが、細い道を入ってすぐのところなので少し迷いそうでした。

券売機で「釜炊き豚骨ラーメン」「唐揚げ」を購入して席に着くと、目の前には大きな羽釜が2機と寸胴2本が確認できます。

まずは唐揚げが届きました。これがけっこう大きい。二口三口では食べられないボリュームで、甘辛いタレにくぐらせてあり、ニンニクの風味とカラッと揚がったカリカリの食感とジューシーな肉汁が嬉しいものでした。僕の時だけかもしれませんが、ある程度揚げたものをストックしてあり、二度揚げして提供していました。

肝心のラーメンはというと、茶濁して、かなり濃厚なスープ。豚の臭いもある程度残っており、存在感は充分。粘度もさることながら、旨味もしっかりと引き出されているし、かつスムースな飲み口でくどさは感じませんでした。ただ、想像していたものよりややライトだったかなというのが本音でもあります。

無鉄砲のとんこつには近いとは思いませんが、あえて比較するなら、がむしゃらのスープの口当たりに近いものがあったかな。ただタレは強めで中盤は塩辛さが少々気にはなりましたが、ご飯とセットで食べれば丁度良いのかもしれません。

自家製の麺は本店のものと太さは近いものがありますが(ほぼ同じ?)加水率がやや低いのか、粉の密度を感じるもので、硬めの噛み砕くような食感のあるもの。手もみで生まれたものなのか、ランダムに縮れていて、啜り上げるときに跳ね回るような感覚が面白かったです。スープとの相性も悪くなく、どちらも主張の強さがありながら喧嘩をすることなくバランスはとられています。

生キャベツの上にかけられている煮干し餡は結構な煮干しの存在感があって、スープに変化を与えてくれる良いアイテム。全体に混ぜてしまうと効果が薄れてしまうので、局所的に使えば、強烈な煮干し豚骨の味わいを楽しむことができると思います。スライサーで切り出したチャーシューも薄めながら、デフォでこれだけ乗ってくるのでとても食べ応えがあります。

セットで頼めばお得。また、ラーメン+唐揚げ3個+ご飯食べ放題のセットもあります。唐揚げ3個はなかなかすごいです。本格的というより独自性のあるラーメンを食べることができ、かつお腹一杯の幸せに浸れるいいお店だと思います。好みとしては、もっとスープをやりまくっても面白いなあとも思いますが。星野さんも面白い人で、色々と楽しい話をしてくださいました。また機会があれば伺ってみたいです。ごちそうさま。

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

麺屋 七彩(東京都中野区)

遠征最終日となって、当日は千葉から離れて東京方面のお店に行くことにしました。まずは都立家政駅から近くの「麺屋 七彩」へ向かいました。車で行くにはかなり面倒な場所にあります。駐車料金と相談し、近いところに買い物をしたら一時間分無料となるコインパーキングを発見したため、そこに駐車して黒ウーロン茶を購入し無料化しました。40分前に店の前に到着しましたが、残念ながら先に2人先客あり一番乗りは叶いませんでした。どうでもいいことではありますがね。
そういえば、ここも大つけ麺博に出店しますね。僕の住んでる近場からは「無心」が出店します。まあ無心はいつでも食べにいけれるのでいいですが、既存のメニューではないものを出す店もあるため気にはなりますね。仕事があるので行くことはできませんが。
開店し、店内にある券売機で喜多方らーめん手切り麺と醤油らーめんの食券を買って渡しました。
あれ?そういえばどちらも醤油だった!店員さんに塩らーめんと変えていただきました。店内は良い煮干しの香りがして無意識的に嗅いでいる自分がいました。

らーめん

まずは喜多方らーめんの手切り麺の一杯が提供されました。立ち上ってくる煮干しの風味がとても心地よいもので、食べる前から旨さを期待してしまいます。背脂が浮いた熱々なスープを一口飲んでみると、アッサリとしつつもコク深い出汁感と、スープの輪郭をぼやけさせないギリギリの醤油ダレの効かせ具合が堪らなく、じんわりと身体に染み込んでいくかのような感覚で、食べ進めていく過程で徐々に旨さが増していき、食べ終わる頃に最高潮に達するようなテイストと感じました。もちろん最初から旨かったですが。煮干しの風味はエグミを感じさせず、旨味と甘い香りのみを抽出されており、強い存在感はありませんが、動物系出汁とのバランスをしっかりとられているところに好感を持ちました。

あっぷ

手切りされたこの麺はすごい存在感。幅広の平打ち麺を彷彿とさせますが、更に手もみをする事でランダムな縮れが与えられ、食感やスープとの相性が良くなっています。すすると跳ね回り、噛むとムッチリとした粘りのある食感が面白く、噛むごとに粉の風味や甘味が顔を出してきますし、手切りのため麺一本一本の厚みが微妙に違うため、ピロピロした食感のものや、がっちりと強い部分があったりと、食べていてとても楽しいものでした。スープの表面に浮いた背脂はこの麺とスープを釣り合わせる良いアイテムでしょうね。一気に食べ切り、次の塩らーめんを。

塩らーめん

これまた美しいビジュアル。透明感のあるスープと三つ葉の緑、そしてレア感を残したモモチャーシューの鮮やかなピンク色が、視覚的にも食欲を刺激してきます。
塩ダレにはカンホアの塩を使用しているらしい。塩ということもあって、煮干しの存在感が強く出てくるものかと思っていましたがそうでもなく、昆布や鶏の風味が前面に出ていました。もちろん煮干しの良さもしっかりと感じ、醤油同様にじんわりとした旨味が心地よいものでした。少々塩気が強めには感じましたが、飲み進めれば徐々に丸みを帯び、甘味をより感じられたので、これもギリギリの塩梅なのでしょうね。

アップ

こちらは通常の麺を使用していますが、こちらも入念に手もみされてランダムな縮れがあります。モチモチとした食感とのど越しのよさが光り、唇で楽しく、噛んでも旨く、喉でも旨いと感じるものでした。もちろんスープとのバランスも良いものでした。そして、この2種類のチャーシューが秀逸で、一つは豚バラ肉をじっくりと煮込まれた感のあるもので、舌の上でとろける様に柔らかく、それでいてジューシーな味わい。もう一つは、脂身のほとんど無いモモ肉を低温調理されたと思われる、ミディアムレアに仕上がったもので、しっとりとした食感と肉の旨味を逃がさずしっかり蓄えられており、とても旨いチャーシューでした。チャーシューメンにしなかったことを激しく後悔しています。
どちらも無化調で作り上げられており、それを信じがたいほどに豊かな旨味に溢れており、それでいて過剰には引き出されていないというところが驚きでもありました。これなら毎日食べても飽きることはありませんね。
プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。