スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺創 なな家(愛知県豊田市松ヶ枝町)

「玉子と柚子の爽快つけ麺」
玉子と柚子の爽快つけ麺

麺

つけ汁

グツグツと煮えたぎっているつけ汁からは節の香りとともに柑橘オイルからの爽やかな香りが立ち上り、玉子を和えられた麺をつけてみれば、花が咲くように玉子に熱が入り、食べていくうちに卵とじのように変わっていきます。味わいもまろやかさが増していき、甘酸っぱい味わいの中に玉子のふんわりとした柔らかな味わいが和を感じさせます。もちろん麺との相性も悪くなく、玉子が和えられているおかげで、つけ汁を適度に吸い込み、麺肌が滑らかでありながらバランスは上手くとられていました。

結局スープ割りは頼みませんでしたが、割らなくても充分に旨くいただけましたし、最後まで魚介の風味と柚子の香りは、しっかりと残っていました。

熱々の一杯を頂き、口の中には爽やかな余韻。名前の通りの心地よい一杯でした。

1周年記念の一杯は頂くことは出来ませんでしたが、今後もますますの成長を期待しています。

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

麺の坊 晴ればれ(愛知県豊田市広久手町)

「つけめん~和風とんこつしょうゆ~ 大盛」
和風とんこつしょうゆ

麺

つけ汁

気になっていた晴レル屋の4店舗目となるこのお店。

店の外観、内装ともに他のお店とよく似ています。スタイリッシュで、女性にも良さそうですし、行列さえなければ気持ちよく食事ができる環境かと思います。

今回は初めてなので基本となる和風とんこつしょうゆ味の食券を購入しました。ついでに大盛で。大盛は300gと400gから選ぶことができるようです。僕は小食なので300gで注文しました。ご飯も食べ放題でなかなかにお得感がありますね。

届けられた一杯は、表面がツルリと滑らかで光っている、やや平打ちの太麺と、見た目から濃厚そうなビジュアルのつけ汁。

まず麺から頂いてみると、表面のヌメリはしっかりと落とされて充分に締められており、やや硬めな質感が箸からも伝わってきます。かみ締めると、やはり硬質なコリコリとした歯ごたえで、中心部に僅かに芯を残した茹で加減。モチモチ感は弱いですが、硬めの麺が好きな人にはピッタリな食感かと思います。滑らかな麺肌ながら、つけ汁の持ち上げも悪くなく、バランス感覚の良さも感じられます。

つけ汁は表面に厚めの香味油が膜を張っており、局所的に魚香油も浮いています。レンゲを差し込むとようやくスープが顔を出します。一口飲んでみると、粘度という面では強いわけではありませんが、柔らかなトロミを帯びた濃厚な動物系の厚みのあるコクと甘味、魚介のクセを抑えつつもしっかりと主張させて、旨味と心地よい香りを引き出した、こちらもバランスの良さを感じさせる仕上がり。秋刀魚節を使用しているとのことで、甘味ある独特な風味をオリジナリティとしているようです。
酸味はハッキリと効かせてあり、酢に弱い人は苦手かもしれませんが、甘味の濃いつけ汁の引き締め役になっており、濃厚なつけ汁ながら重さは全く感じませんでした。

つけ汁の中には生姜の風味と濃い醤油の味がしみ込んだ端っこのチャーシューと歯ごたえのあるメンマ、可愛いうずらの玉子とあって、箸休めとなるものがたくさんです。

先述の通り、麺とつけ汁のバランスは良いので、スルスルと非常に食べやすく300gもあっという間でした。最後にスープ割りをしましたが、魚介と豚の2種類の割り用スープがポットで用意されており、魚介はサッパリといただけ、豚はドロリと粘度も濃厚なもので、最初よりもつけ汁の粘度が持ち上がってきます。ただ、油くどさはなく、粘度がありながらも軽い印象がありました。

僕はこれだけでお腹いっぱいになってしまったので、ご飯には手をつけませんでしたが、即席の雑炊で〆たかったものです。

感想としては、そこまで驚くようなものではありませんでしたが、しっかりと食べさせてくれる安定感のある一杯でした。麺の食感がもう少し違っていたら嬉しかったですが、好みの問題なので言う事ではないですけどね。

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

麺の坊 晴天(愛知県西加茂郡三好町)

「ラーメン」
ラーメン

アップ

薬味

レポはのちほど更新します。

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

まるぎん二号(愛知県岡崎市昭和町下川田)

「ラーメン大盛 野菜増しW ニンニクマシマシアブラマシマシ」
ラーメン

アップ

結構な盛り具合。麺より野菜が多いのではないかなと思うほどでした。

前回はプレオープンの日だったので全く比較にはなりませんが、今回のスープはちょっと違いました。

前回は清湯だったのですが、今回も基本は変わらないと思いますが、背脂も常に寸胴の中で炊き込んでおり、やや濁りのあるもので、寸胴の表面に浮いてくる油脂分をすくい、それを丼に入れてからスープを注いでいました。口当たりは脂の効果があるからか幾分かまろやかさが生まれていましたが、やはり脂の奥にある豚肉だしの旨みにヒキがなく、醤油の旨みと脂のコクでなんとか支えている印象のある味わい。

野菜はダブルにしたため、麺を引きずり出そうものなら崩れてしまいそうでした。ここの野菜はシャキシャキで瑞々しいので、食感は良いのですが、この瑞々しさがスープの出汁感、醤油の効きを弱くし、悪影響を与えてしまっていました。上から醤油をかけて食べてもいいのですが、醤油だけでない豚の旨みという部分が弱くなってしまうのはかなり寂しいものがありました。野菜マシはしない方がいいかもしれません。さっぱりと食べたいならいいかもしれませんが。

麺は前と同じもので、表面がつるつるとしているのであまりスープを吸わず、一体感に欠けますが、ほぐし肉と一緒に食べれば味ものってきます。

豚の腕肉は厚めに切られていてボリューム感があっていいですが、脂肪分がほとんどついておらず、またかなり硬めの食感でバサバサした肉の繊維質がとても食べにくく、豚の臭いも残っているもので、これを増量する気にはなれないかな。

途中から唐辛子や醤油を追加して食べきりましたが、僕の好みではありませんでした。

これだけジャンクなビジュアルではありますが、味はいたって上品で中毒性を感じるものにはまだなっていないかなというのが本音。もっと不健康そのものといった一杯を食べさせて欲しいです。でも、女性の客も結構いて、かなりのボリュームでも食べやすさも考えられた一杯と思えばいいのかなとも思います。

ラーメンの提供時に野菜が崩れ落ちるのを心配してくれたのか、スタッフが小皿を持ってきてくれました。頼まなくても気配りのサービス。とても温かくうれしい気持ちになれるものです。

大大大の野菜W肉増しを一度見てみたい。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ばーばら(愛知県額田郡幸田町)

「醤油ラーメン+チャーシュー増し多」
醤油

アップ

結構前の事になるので記憶は曖昧で申し訳ないです。

豚骨、鶏の動物系がしっかりと乳化されて、粘度はそこまでありませんが、舌の上で感じる濃度感はなかなか。魚介は香りよりも旨味の底上げとして効果を発揮していて、上手く組み立てられた味わい。スープの表面にあるクリーム状になった動物系の旨味の層があることで、スープに程よい重たさと強いコクと甘味を感じられました。

麺は、緩やかなウェーブのある細麺で、硬めに茹で上げられており、まろやかなスープの中では少々バランスの悪さを感じ、麺の臭いも気になるものがありました。スープが良いだけにこれは残念でした。

5枚乗ったチャーシューは程よい肉の弾力を残していて、なかなかに食べ応えのあるもの。味付けも控えめなので、スープの味わいを邪魔することもありません。メンマはゴリゴリの食感。ネギは風味が強すぎて、スープに混ざってしまったら全てを支配されてしまうほどでした。

スープはしっかりと作りこまれているけど、麺とのバランスがイマイチというのが本音です。でも、研究熱心な店主で、これからも進化はしていくことでしょうし、また伺ってみたいと思っています。

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

プロフィール

まさ

Author:まさ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。